ニュース

感染者18カ国898人に カナダで豚からも検出

2009.05.04

 
世界保健機関(WHO)によると3日(日本時間4日未明)時点の新型インフルエンザウイルス感染は、新たにイタリア、アイルランドから感染者が報告されるなど、18カ国898人に増えたことを明らかにした。

 
内訳は、メキシコ506人、うち死者19人、米国226人、うち死者1人、カナダ85人、スペイン40人、英国15人、ドイツ8人、ニュージーランド4人、イスラエル3人、フランス2、コスタリカ1人、オランダ1人、オーストリア1人、スイス1人、デンマーク1人、アイルランド1人、イタリア1人、韓国1人、香港1人となっている。メキシコの感染者が増えたのは、既に収集ずみだったウイルスの検査結果が確定したため、という。

 
また、WHOによると、カナダのアルバータ州で豚から新型インフルエンザウイルスが検出された。これは最近メキシコから帰ったカナダ人農場労働者から移された可能性が高いとWHOは言っている。

 
感染者数が増え続けている米国の疾病対策センター(CDC)によると、感染者は30州に及んでおり、もっとも多い州はニューヨーク州の63人、続いてテキサス州(40人)、カリフォルニア州(26人)、アリゾナ州(18人)、南カロライナ州(15人)の順となっている。

関連記事

ページトップへ