ニュース

メキシコ、米国で豚インフルエンザ大量感染

2009.04.27

 
メキシコ、米国で発生した豚インフルエンザの大量感染について世界保健機関(WHO)は26日、メキシコでA-HINI型ウイルスに感染した患者が18の機関で確認され、32州のうち19州から患者とみられる報告があったことを明らかにした。

 
また、米国では20の機関で同じA-HINI型ウイルスの豚インフルエンザ患者が確認された。内訳はニューヨーク州8人、カリフォルニア州7人、テキサス州2人、カンサス州2人、オハイオ州1人。20人のうち1人が入院したほかは軽い症状という。

 
WHOは、25日、緊急委員会を開催し、委員会の議論を受けてチャン事務局長は「国際的に懸念される緊急事態」とする声明を発表している。

ページトップへ