ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

南部、小林、益川の日本人3氏にノーベル物理学賞

掲載日:2008年10月7日

スウェーデン王立科学アカデミーは、2008年のノーベル物理学賞を南部陽一郎、益川敏英、小林誠の日本人3氏に授与すると発表した。

南部陽一郎・シカゴ大学名誉教授の授賞理由は、「素粒子物理学と核物理学における自発的対称性の破れの発見」で、小林誠・高エネルギー加速器研究機構名誉教授と益川敏英・京都大学名誉教授の授賞理由は、クォークが少なくとも3世代以上存在するということを予言する対称性の破れの起源の発見。

日本人のノーベル賞受賞は、2002年の小柴昌俊・東京大特別栄誉教授(物理学賞)、田中耕一・島津製作所質量分析研究所長(化学賞)以来、6年ぶりとなる。

賞金1,000万スウェーデンクローナ(約1億4千万円)は南部氏に全体の半分、小林、益川氏にそれぞれ4分の1が贈られる。

ページトップへ