ニュース

「きぼう」国際宇宙ステーションに取り付け

2008.06.04

国際宇宙ステーションのロボットアームで
シャトル貨物室から運び出される
「きぼう」船内実験室
国際宇宙ステーションのロボットアームでシャトル貨物室から運び出される「きぼう」船内実験室
(提供:NASA)

 スペースシャトル「ディスカバリー」で運ばれた日本の実験棟「きぼう」船内実験室が日本時間の4日午前8時すぎ、国際宇宙ステーションに取り付けられた。

 星出彰彦・宇宙飛行士は、同僚のナイバーグ宇宙飛行士とともに、宇宙ステーションに取り付けられているロボットアームを操作、「ディスカバリー」貨物室から「きぼう」船内実験室を取り出し、「ハーモニー」と呼ばれる国際宇宙ステーションの第2結合部に取り付ける作業を見事にこなした。

関連記事

ページトップへ