ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

『はやぶさ2』プロジェクト宇宙開発委員会に報告

掲載日:2010年7月15日

大きな関心を集めた小惑星探査機「はやぶさ」に続く「はやぶさ2」プロジェクトを、宇宙航空研究開発機構が14日、宇宙開発委員会に報告した。

「はやぶさ」に比べて、何が新しく挑戦的なのか。宇宙航空研究開発機構は次のように説明している。

目標とする小惑星が、「はやぶさ」が到達した「イトカワ」より有機物を多く含んだ天体で、地球とその生命の誕生・進化に不可欠な「宇宙起源の水と有機物」の化学進化を調べることができる。

また、確実な深宇宙往復探査技術を確立し、地球近傍小天体や火星圏内惑星領域の往復探査の継続的な実施と、木星圏など外惑星領域の日本独自の探査に挑戦できる技術的・運用上の基盤が得られる、としている。

2014年の打ち上げを目指す。

ページトップへ