ニュース

昨年の被引用論文の上位は小松・テキサス大教授らの観測的宇宙論研究

2012.04.17

 米国の文献情報企業「トムソン・ロイター」は、2011年に発表された科学論文で最も数多く引用されたトップ10の1位に観測的宇宙論研究の小松英一郎・テキサス大学教授、兼カブリ数物連携機構宇宙研究機構併任研究員、さらに同社の論文データベースを基とした「最も注目を集めた研究者」の5位に理化学研究所の篠崎一雄・植物科学研究センター長を選んだことを発表した。

 小松氏は1974年、兵庫県宝塚市生まれ。99年に東北大学大学院理学研究科天文学専攻修士課程修了後に渡米。宇宙マイクロ波背景放射観測衛星「WMAP」のプロジェクトに参画し、観測結果を基に、宇宙の年齢や組成などに関する論文を発表。小松氏の論文の被引用は2007年、2009年もトップで、今回の被引用回数は564回と、2位の論文の4倍以上だった。また小松氏ら「WMAP」観測関連の3人の研究者が上位3位までを占めた。

 篠崎氏は1949年、栃木県生まれ。1972年大阪大学理学部卒、77年名古屋大学大学院博士課程修了。同大学理学部助手、助教授などを経て、89年から理化学研究所、2005年から現職。乾燥や温度、光などの環境ストレスによる植物遺伝子の機能、耐性獲得などに関する分子生物学分野での論文11本が、引用度の高い論文(「ホットペーパー」)として選ばれた。

 なお「最も注目を集めた研究者」(15人)に選ばれた1位のエリック・ランダー氏は、ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学(MIT)が共同で運用する「ブロードインスティチュート(Broad Institute of MIT and Harvard)」の研究者で、昨年に続いての1位、8年間連続のランクインだ。同氏が「ネイチャー」(2010年10月28日号)に発表した論文「A Map of Human Genome Variation from Population-Scale Sequencing」は、生物学の分野で最も多く引用されている論文の1つだという。また、今回の15人中4人は、英国のゲノム研究慈善団体「ウェルカム・トラスト・サンガーインスティチュート(Wellcome Trust Sanger Institute)」に所属している。

 ◇2011年の論文引用トップ10(「数字」は被引用数)

  1. 小松英一郎など。「Seven-year Wilkinson Microwave Anisotropy Probe (WMAP) observations: Cosmological interpretations」(Astrophys.J.Suppl.Ser.:No.18, February 2011)「564」
  2. D.Larsonなど。「Seven-year Wilkinson Microwave Anisotropy Probe(WMAP) observations: Power spectra and WMAP-derived parameters」(Astrophys.J.Suppl.Ser.:No.16, February 2011)「132」
  3. N.Jarosikなど。「Seven-year Wilkinson Microwave Anisotropy Probe(WMAP) observations: Sky maps, systematic errors, and basic results」(Astrophys.J.Suppl.Ser.:No.14, February 2011)「98」
  4. R.Listerなど。「Hotspots of aberrant epigenomic reprogramming in human induced pluripotent stem cells」(Nature:3 March 2011)「81」
  5. A.Goreなど。「Somatic coding mutations in human induced pluripotent stem cells」(Nature:3 March 2011)「78」
  6. S.G.F.Rasmussenなど。「Structure of a nanobody-stabilized active state of the β2 adrenoreceptor」(Nature:13 January 2011)「73」
  7. S.J.Connollyなど。「Apixaban in patients with atrial fibrillation」(New Engl.J.Med.:3 March 2011)「67」
  8. F.Zannadなど。「Eplerenone in patients with systolic heart failure and mild symptoms」(New Engl.J.Med.:6 January 2011)「64」
  9. S.M.Husseinなど。「Copy number variation and selection during reprogramming to pluripotency」(Nature:3 March 2011)「63」
  10. R.B.Zhouなど。「A role for mitochondria in NLRP3 inflammasome activation」(Nature:13 January 2011)「59」

 ◇「最も注目を集めた研究者」ランキング(所属、研究分野、ホットペーパー数)

      (1)Eric S. Lander(Broad Institute of MIT and Harvard)遺伝学「14」

 ?

      (2)Salim Yusuf(McMaster University)疫学/循環器「13」

 ?

      (2)Michael R. Stratton(Wellcome Trust Sanger Institute)がん遺伝学「13」

 ?

      (4)P. Andrew Futreal(Wellcome Trust Sanger Institute)がん遺伝学「12」

 ?

      (5)篠崎一雄(RIKEN Plant Science Center)植物学「11」

 ?

      (5)Peter J. Campbell(Wellcome Trust Sanger Institute)がん遺伝学「11」

 ?

      (5)Douglas G. Altman(University of Oxford)医療統計学「11」

 ?

      (5)Albert Hofman(Erasmus University)疫学「11」

 ?

      (9)Francis S. Collins(National Institutes of Health)遺伝学「10」

 ?

      (10)Yongye Liang(Stanford University)化学/材料学「10」

 ?

      (10)Richard K. Wilson(Washington University)遺伝学「10」

 ?

      (10)Goncalo Abecasis(University of Michigan)生物統計学「10」

 ?

      (10)Panos Deloukas(Wellcome Trust Sanger Institute)遺伝学「10」

 ?

      (10)Hui-Ming Cheng(Shenyang National Laboratory)材料学「10」

 ?

      (10)Frederik C. Krebs(Technical University of Denmark)材料学/エネルギー「10」

関連記事

ページトップへ