ニュース

最先端研究プログラムさらに500億円減額

2009.10.16

 
菅直人・科学技術政策担当相は16日の閣議後記者会見で、当初、2,700億円とされていた最先端研究開発支援プログラムについて、先週明らかにしていた700億円の削減額をさらに500億円上積みし、1,200億円削減することを明らかにした。補正予算の削減額は今朝の閣議で決まった。

 
結局、総額が1,500億円となった最先端研究開発支援プログラムは、1,000億円を既に決定済みの30人の中心研究者に配分し、残りの500億円を若手や女性研究者などに配分する。

 
このプログラムでは、金額が非常に大きいため、他の競争的資金を受けることができない専従義務が科せられているが、金額が大幅に減ったことでルールの改正などが検討されている。

関連記事

ページトップへ