ニュース

米探査機が火星に水の存在確認

2008.08.01

フェニックスと着陸地点周辺の火星の光景
フェニックスと着陸地点周辺の火星の光景
(提供:NASA/JPL-Caltech/University Arizona/Texas A&M University)

米航空宇宙局(NASA)は、火星に着陸した探査機「フェニックス」による表面の土の分析結果から、火星に水が存在することを確認した、と米時間7月31日に発表した。

 火星に水があることは2002年に火星を回るNASA探査機マーズ・オデッセイによる観測と、フェニックスによる火星表面の写真から有力視されていたが、土の分析から直接、確認されたのは今回が初めて。

 フェニックスは、日本時間の5月26日、火星の北極圏に着陸し、表面の土を採取し、搭載された分析装置で水を含むどうかを調べていた。

関連記事

ページトップへ