ニュース

イオン照射で真っ白なナデシコ開発

2008.04.17

 重イオンビームを当て、花の色が真っ白なナデシコの新品種を作り出すことに理化学研究所と北興化学工業株式会社の研究チームが成功した。

 理化学研究所の阿部知子チームリーダーらは、理研リングサイクロトロンで発生する重イオン(炭素)ビームを、既に「オリビア ホワイトアイ」という名で商品化されているナデシコの腋芽という部分に照射した。「オリビア ホワイトアイ」は、北興化学工業がナデシコ育種家と共同開発した品種で、赤、白2色の花を持つ。重イオンを照射された結果、遺伝子変異により花が真っ白に変わり、そのほかの特徴は全く変わらない新品種が生まれた。

ナデシコの新品種「オリビア ピュアレホワイト」
右は元の品種「オリビア ホワイトアイ」
オリビア ピュアレホワイトオリビア ホワイトアイ
(提供:理化学研究所)

 既に農林水産省に品種登録出願を済ませ、「オリビア ピュアレホワイト」という名で3月から販売されている。理化学研究所は、科学技術週間に合わせて開催する理研和光研究所の一般公開日(4月19日)に、この新品種の240株を無料配布する。

 重イオンビームを使った突然変異誘発法は、従来のガンマ線照射、エクス線照射や化学的な変異剤処理などによる品種改良法に比べ、遺伝子変異率が高く、傷つく遺伝子数が少ないため、変異の固定にかかる期間が短いという長所を持っている。今回のナデシコ新品種誕生も、従来の育種法では10年かかるところ3年で実現した。

関連記事

ページトップへ