サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

気象庁が「狩野川台風」に匹敵と厳重警戒呼びかけ 気象衛星「ひまわり」が台風19号捉える

掲載日:2019年10月11日

大型で非常に強い台風19号が11日、日本の南海上を北上している。勢力は衰えず、気象庁によると12日の午後から夜遅くにかけて東日本に接近し、上陸する見通し。同庁は11日午前、臨時の記者会見をして厳重な警戒を呼びかけた。情報通信研究機構(NICT)がウェブサイトで提供する気象衛星「ひまわり8号」の画像には、台風19号の猛威がはっきりと映し出されている。

上、下の画像とも、ひまわり8号が捉えた11日正午現在の台風19号(提供:情報通信研究機構(NICT))
上、下の画像とも、ひまわり8号が捉えた11日正午現在の台風19号(拡大)(提供:情報通信研究機構(NICT))
上、下の画像とも、ひまわり8号が捉えた11日正午現在の台風19号(提供:情報通信研究機構(NICT))

気象庁予報部によると、台風19号は、11日正午現在、東京都・父島の西北西約450キロの海上を約25キロの速さで北北西へ進んでいる。中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートルと、非常に強い勢力を維持している。12日は東日本を中心に猛烈な風が吹き、東海、関東甲信地方では瞬間風速60メートルの猛烈な風が吹く可能性があるという。この風速では、住宅・建築物が倒壊する恐れがある。

また、台風の接近前から、西日本から東北地方にかける広い範囲で雨が強まり、東日本を中心に記録的な大雨となる恐れがあるという。12日朝から13日朝までの間、東海地方で600~800ミリ、関東甲信地方で300~500ミリの雨量が予想されている。

気象庁は臨時会見で、今回の台風に伴う総雨量が、1958年に関東地方を中心に土砂災害や河川氾濫を起こして1200人以上の犠牲者を出した「狩野川台風」の雨量に匹敵する可能性を指摘。台風の備えは11日中に済ませるよう呼びかけている。

ページトップへ