ニュース

口の中の傷を速く治す上皮の謎を解明

2014.11.04

 口の中の傷は治りが速い。その理由の一端がわかった。口腔粘膜上皮にある温度感受性イオンチャネルが温かさを感知して傷の治癒を促進することを、九州大学大学院歯学研究院の城戸瑞穂(きど みずほ)准教授と合島怜央奈(あいじま れおな)研究員、生理学研究所(愛知県岡崎市)の富永真琴(とみなが まこと)教授らが明らかにした。傷の新しい治療法開発のヒントになりそうだ。10月28日付の米科学誌The FASEB Journalオンライン版に発表した。

 口腔は消化管の入り口にあり、多様な刺激に常にさらされている。飲食などの際に口腔粘膜に傷を受けることも少なくないが、口の中に生じた傷は皮膚より速く治り、傷跡が残りにくい。その仕組みは謎だった。研究グループは、口腔内を被覆している粘膜上皮にある刺激のセンサーとして、カルシウムイオンを透過させるチャンネルのTRPV3に注目した。

 口腔粘膜の表面には上皮細胞が層をなしている。その上皮細胞は体温の36度前後の温かさに反応するが、その温度をTRPV3が感じていることを確かめた。TRPV3は皮膚の表面の細胞よりも、口腔の上皮細胞に多い。マウスの歯を抜いて傷の治り具合を調べた。TRPV3欠損のマウスは野生型より上皮細胞の増殖が少なく、治りが遅れた。培養した口腔上皮細胞にTRPV3を活性化させる薬を投与すると、上皮細胞の増殖が促進することも見いだした。

 これらの実験を基に、研究グループは「口腔粘膜が適切に維持され、口腔で適切に刺激を感じることで、人は食べることができる。口腔の粘膜上皮の入れ替わりが速く、傷が治りやすいことは重要だ。その仕組みには、粘膜上皮にある温度感受性チャンネルのTRPV3が関わっている」と結論づけた。

 城戸瑞穂准教授は「口の中の傷が治りやすいのは、だ液や十分な血行も関与しているが、それに加えて、口の中の温かさで活発に働くTRPV3が重要な役割を果たしているだろう。TRPV3は消化管の粘膜や皮膚にも発現している。火傷や手術創、口内炎などの治療に、このイオンチャンネルを標的とした温熱療法や薬剤の開発が期待できる」と話している。

マウス口腔内の写真。TRPV3欠損マウスでは、青い線で囲まれた抜歯後の傷の面積が野生型マウスよりも広い。
写真. マウス口腔内の写真。TRPV3欠損マウスでは、青い線で囲まれた抜歯後の傷の面積が野生型マウスよりも広い。

 

マウス口腔粘膜で増殖している細胞の数がTRPV3欠損マウスでは少ない
グラフ. マウス口腔粘膜で増殖している細胞の数がTRPV3欠損マウスでは少ない

 

33℃より冷たいと上皮細胞の治癒が遅く、33℃より温かいと速く治る概念図
図. 33℃より冷たいと上皮細胞の治癒が遅く、33℃より温かいと速く治る概念図
(いずれも提供:九州大学)

ページトップへ