ニュース

〈トピックス〉ユーモア“川柳”が科学の発展に…

2013.11.21

 ライフサイエンス研究に携わる日本国内の研究者、関係者などから募集した、実験や研究にまつわる川柳のコンテスト「川柳in the ラボ」の授賞式が行われ、「人気作品賞」に『ボスの言う「最近どう?」は「結果まだ?」』が選ばれた。

 同コンテストは、今年がDNAの二重らせん構造の発見から60年、DNAを増幅する“ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法”の発明から30年、ヒトゲノム塩基配列の解読から10年という、人類の遺伝子研究における節目にあたることから、バイオ関連企業「ライフテクノロジーズ・ジャパン」(東京都港区)が記念企画のつとして開催した。

 作品の募集は9-10月にネット上で行われ、510句の作品が寄せられた。各賞の選考は豊橋技術科学大学学長の榊佳之さん(元・理化学研究所ゲノム科学総合研究センター長)やコピーライターの岡本欣也さんらが行い、都内で10月に開催したフォーラム会場で発表した。授賞式の模様は「ニコニコ動画」で配信され、「ファイナリスト賞」(5句)の中から、オンライン視聴者による投票で「人気作品賞」を決めた。

 授賞式では、榊さんが「日々の研究の努力をユーモアのある川柳にしたため、科学の発展に大きく貢献すると見込まれるため表します」と表彰状を読み上げた。各受賞者には副賞としてギフトカードが贈られた。

 受賞作品と作者は次の通り。

「人気作品賞」 ボスの言う「最近どう?」は「結果まだ?」 (KT1374)
「講演者特別賞」 読みたいな あの子の心の シーケンス (老流)
「オカキン賞」 いつやるか? たまには言いたい 明日でしょ! (Dengue)
「ファイナリスト賞」 《研究室でよくあるある賞》マスカラが 邪魔だと気づく 顕微鏡 (ぽんぽん)
《それは理不尽で賞》 ボスの言う「最近どう?」は 「結果まだ?」 (KT1374)
《感極まったで賞》1枚の 写真のために 2年間 (匿名希望)
《やってしまったで賞》細胞の 前にチームが 分裂し (ゲノム)
《甘酸っぱい思い出で賞》 読みたいな あの子の心の シーケンス (老流〈おいる〉)

ページトップへ