ニュース

ノーベル医学生理学賞、“小胞”輸送の米国3教授に

2013.10.08

 2013年ノーベル医学生理学賞は、インシュリンや神経伝達物質などを細胞内外で輸送する仕組みを解明した米国エール大学のジェームズ・ロスマン教授(62)、カリフォルニア大学バークレー校のランディ・シェックマン教授(64)、スタンフォード大学のトーマス・スードフ教授(57)の3人に贈られることになった。スウェーデンのカロリンスカ研究所が7日発表した。

 細胞の中で作られたホルモンやタンパク質は、細胞内の「小胞」と呼ばれる“袋”に蓄えられて、その後、他の細胞や体の各器官、組織に運ばれる。この仕組みが働かないと糖尿病や神経疾患、免疫疾患などの病気につながる。

 同研究所によると、シェックマン教授は、小胞の輸送に関して働く一連の遺伝子を発見した。ロスマン教授は、小胞が目的の場所に運ばれる仕組みを解明した。スードフ教授は、神経細胞が適切なタイミングで神経伝達物質を放出する仕組みを明らかにした。

 授賞式は12月10日にストックホルムで行われる。賞金800万スウェーデンクローナ(約1億2千万円)は3人で分けられる。

RothmanSchekmanSudhof
James E. RothmanRandy W. SchekmanThomas C. Sudhof
(提供:ノーベル賞財団)

関連記事

ページトップへ