ニュース

アレルギー体質の遺伝子発見

2009.07.24

 
アレルギー体質になりやすいかどうかを決めている遺伝子を、理化学研究所の研究チームがマウスを使った実験で発見した。

 
理研免疫・アレルギー科学総合研究センターの久保允人・シグナル・ネットワーク研究チーム・チームリーダー、米セント・ジュード小児研究病院のマーク・ビックス准教授らが突き止めたのは、Minaという転写因子の遺伝子。アレルギーになりにくい系統のマウスのT細胞にはこの遺伝子が多く存在し、アレルギー発症に重要な役割を果たしているインターロイキン4の産生を抑えていた。これに対し、アレルギー体質のマウスのT細胞にはMinaが少なく、インターロイキン4の産生が抑制されないため、アレルギーを起こしやすいことが分かった。

 
ヒトでも同じ遺伝子がアレルギーになりやすいか、そうでないかの違いを生み出しているのではないか、と研究者たちは見ている。

ページトップへ