ニュース

星出宇宙飛行士「きぼう」船内実験室に

2008.06.05

「きぼう」船内実験室に入った星出彰彦宇宙飛行士
空気が汚染していないかチェックするため、ゴーグルとマスクをつけている。後方はナイバーグ宇宙飛行士
空気が汚染していないかチェックするため、ゴーグルとマスクをつけている。後方はナイバーグ宇宙飛行士
(提供:NASA)

 日本実験棟「きぼう」船内実験室を国際宇宙ステーションに取り付けることに成功した星出彰彦宇宙飛行士らが、日本時間5日午前6時すぎ船内実験室に入った。

 星出宇宙飛行士とナイバーグ宇宙飛行士は、船内実験室に入室してすぐに空気を採取、汚染がないかどうかのチェックを行った。

 宇宙航空研究開発機構によると、入室前に船内実験室のB系システムの起動が行われた。筑波宇宙センターの「きぼう」運用管制室と船内実験室内にある「きぼう」制御装置(JEM Control Processor: JCP)が通信できるようになり、ハッチが開けられる10数分前に、「きぼう」運用管制室から初めてのコマンドが送信された。

 もう片方のA系システムの起動は、日本時間の6日に行われる。

ページトップへ