ニュース

スパコン能力トップ10に日本は東京工業大機のみ

2006.11.20

 先週、米タンパで開催された電気・電子分野における世界最大の学会IEEEで、第29回世界のスーパーコンピュータ・トップ500が、発表された。

 日本で、10位以内は東京工業大学の「TSUBAME」が、9位に入っただけ。一時期、地球シミュレータで、1位をとったこともある日本のスーパーコンピュータの性能も、欧米の高性能機が次々に登場したことで、後れをとっている現状があらためて明らかになった。

 1位は、米エネルギー省ローレンス・リバモア国立研究所にあるIBM製で、米国以外で10位以内にランクされたのは、東京工業大学の「TSUBAME」のほかは、スペイン(5位)、フランス(7位)のスパコンだけだった。(日本のスーパーコンピュータ開発の現状については、スペシャルインタビュー参照)

ページトップへ