サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(レビュー) -

日本の大学が国際評価で見劣りするのは

掲載日:2008年10月14日

英国のザ・タイムズ紙系列の専門誌「ザ・タイムズ・ハイヤー・エデュケーション・サプリメント」が9日に発表した、ことしの「世界のトップ200大学」に東京大学など日本の10大学が入っている。

上位にランクされた日本の大学を上位から並べると(かっこ内が世界の順位)、1位が東京大学(19)、2位が京都大学(25)、3位が大阪大学(44)、4位が東京工業大学(61)、5位が東北大学(112)となっており、以下6位(120)名古屋大学、7位(158)九州大学、8位(174)北海道大学、9位(180)早稲田大学、10位(199)神戸大学の順となっている。

昨年の世界ランクと比較すると、順位が変わらないか、わずかに下がった大学が大半で、ランクを上げたのは、90位から61位まで上昇した東京工業大学と、46位から44位に上がった大阪大学だけだった。

ちなみにトップ10にランクされたのは、1位から順にハーバード大学、イェール大学、ケンブリッジ大学、オックスフォード大学、カリフォルニア工科大学、インペリアル・カレッジ・ロンドン、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン、シカゴ大学、マサチューセッツ工科大学、コロンビア大学で、米、英両国の大学で占められている。

さて、日本の大学は国際的に見て何が劣っているのだろうか。最も目立つのは外国人スタッフの数である。もっともよい大学を100とした場合の指数で見ると、東京大学が27、京都大学が30、大阪大学が25、東京工業大学が25、東北大学が38。世界のトップ5、ハーバード大学、イェール大学、ケンブリッジ大学、オックスフォード大学、カリフォルニア工科大学の数値が、それぞれ87、89、98、96、100であるのと比べると、どうしようもない差が付いている。

次に数値が低いのは外国人学生の数だ。世界のトップ5大学が81、71、95、96、93という数値に対し、日本の上位5大学は40、26、28、45、31でしかない。

スタッフ当たりのサイテーション(論文被引用率)指数では、日本の上位5大学が、78、91、70、87、63と、世界のトップ5大学(100、98、89、85、100)に対して、まずまず健闘している。「Peer Review」(同分野の専門家による評価)でも、日本の上位5大学が、100、99、90、77、63と世界のトップ級ないしそこそこのレベルにあるのを見ても、足を引っぱっている要因が何かは明らかだ。

もっとも、大学に対するこの種の評価に対しては、「客観性を重んじているというものの一面しかとらえていない。主要な評価になるのは疑問」(ノーベル物理学賞を受賞した小林誠・高エネルギー加速器研究機構名誉教授。10日、日本学術振興会主催の記者会見で)といった声も聞かれるが。

【この記事へ読者コメント】

 
何が大切なんだろう
投稿者:ふじわらのまさひこ 2008年10月15日掲載
「外国人の数」は指標として適当なのでしょうか。あるいは必要な要素なのでしょうか。
もしも、外国人の力に頼らず日本で日本人だけで世界が認める成果を得ることができたならば、実力としてはそれが最も評価されるのではないでしょうか。
私は、欧米で欧米人が自分達だけの価値観で世界標準を定めたり、異なる文化や背景を知らず(または知ろうともせず)に世界を自分達だけの基準で測ったりすることを、とても不快に思います(大学評価もその1つです)。
いっそ、こんなニュースはスルーしてしまうとか、あるいは、「欧米がまた勝手に言ってますね」という扱いにしてしまってはどうでしょうか?
でも、あんまりスルーし過ぎると、それはそれでどこかの国みたいで、これもまた良くないですが・・・・。

いたずらな評価に惑わされず冷静に客観的に、日本として日本人として自身を持って自信を持っていけたらいいと思います。

科学技術でも、いつまでたっても「欧米では・・」というの、ほんとにいいのかな?
 
ページトップへ