サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

爆発的感染の防止策求める一方感染ない地域の一部自粛解除も 新型コロナで専門家会議が新見解発表へ

掲載日:2020年3月19日

新型コロナウイルス感染症対策を検討する政府の専門家会議は19日夜にも感染拡大防止のための新たな見解を発表する。同日午後の会議で最終的に新見解の内容を決めるが、感染拡大が続いている地域と感染確認されていない地域とを切り分けた点が特徴。爆発的な感染拡大を防ぐために大規模なイベントには今後も慎重な対応を必要とする一方で、感染が確認されていない地域では学校活動やスポーツ観戦など一部の自粛を解除してもよいとする内容になる見通し。政府はこの専門家会議の新見解を受けて政府の新たな基本方針を決める予定だ。

国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡画像。(国立感染症研究所提供)
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡画像。(国立感染症研究所提供)

新型コロナウイルス感染症対策の関係者によると、これまでの議論では、一部の地域では感染拡大が継続しており、このような状況が今後も続いた場合はイタリアのような爆発的な感染拡大が日本国内でも起きる可能性は否定できない、との認識で一致した。大規模イベントは集団感染のリスクが高いために今後も慎重な対応が必要とする内容が新見解に盛り込まれるという。事実上、全国的な大規模イベントは今後も自粛する必要があることを示した内容だ。

しかしその一方で、地域ごとの感染の拡大の有無を慎重に見極める必要があることでも一致したという。新見解には、感染が確認されていない地域では、感染リスクが高い特定の場所は回避する前提で、学校活動や屋外スポーツ観戦、文化施設利用の自粛を解除してよいとする内容が盛り込まれる見通しだ。

これは専門家会議が今回、社会や経済への影響を極力少なくするために地域の状況に合わせてバランスの取れた対策の重要性を確認した結果で、政府に対しては、緊急事態宣言や全国一律自粛の判断に慎重な検討を求めた形だ。専門家会議の新見解の発表は19日夜になるとみられ、新見解策定前の最終的な議論の結果によっては、これまでにまとまった新見解が変わる可能性もある。

米国の患者から分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡画像(Credit: NIAID-RML)
米国の患者から分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡画像(Credit: NIAID-RML)
ページトップへ