ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

ノーベル物理学賞は、レーザーの画期的な利用法を開発した米国などの3氏に 女性の物理学賞は55年ぶり3人目

掲載日:2018年10月2日

スウェーデンの王立科学アカデミーは2日、2018年のノーベル物理学賞を、レーザーの画期的な利用法を開発した米国、フランス、カナダの3氏に授与すると発表した。

今年のノーベル物理学賞に選ばれたのは、米ベル研究所のアーサー・アシュキン博士、仏エコールポリテクニークのジェラール・ムル博士、カナダ・ウォータールー大学のドナ・ストリックランド博士。ストリックランド氏は物理学賞としては55年ぶり、3人目の女性受賞者となる。

3氏の授賞理由は「レーザー物理学の分野における画期的な発明」。アシュキン氏は、「レーザー」という特殊な光を細く絞り、その力で微小な物体を宙に浮かして動かす「光ピンセット」と呼ばれる手法を開発。ムル氏、ストリックランド氏は、非常に強いパルス状のレーザーを作る手法を開発した。「チャープパルス増幅」と呼ばれるこの手法で作られたレーザーは、産業応用のほか目の視力回復手術にも利用されている。

授賞式は12月10日にストックホルムで開かれる。賞金900万クローナ(約1億1500万円)はアシュキン氏が半分、ムル氏とストリックランド氏が4分の1ずつ分ける。

左からアーサー・アシュキン博士、ジェラール・ムル博士、ドナ・ストリックランド博士(提供 ノーベル財団)
左からアーサー・アシュキン博士、ジェラール・ムル博士、ドナ・ストリックランド博士(提供 ノーベル財団)
ページトップへ