ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

国内のスパコンが省エネ性能ランキング「Green500」で1位から4位までを独占

掲載日:2017年6月22日

ドイツ・フランクフルト市で開かれたスーパーコンピュータ(スパコン)に関する国際会議 「ISC HIGH PERFORMANCE 2017」で19日、2017年6月期のスパコンの省エネ性能における世界ランキング「Green500」が発表された。1位となったのは東京工業大学学術国際情報センター(GSIC)の「TSUBAME3.0」で、「Green500」で日本のスパコンが世界一となったのは初めて。ランキングでは、1位から4位を日本のスパコンが独占した。

Green500は、スパコンの消費電力当たりの処理速度を半年ごとにランキングするもので、スパコン性能の世界ランキング「TOP500」に選ばれた中から、エネルギー効率の視点でランク付けされる。

1位となったTSUBAME3.0は東京工業大学が保有する最新のスパコンで、東工大GSICが日本SGI・米国NVIDIA社ほか、関連各社と共同で設計・開発・運用準備を進めており、今年8月から本格稼動を予定している。2010年より運用されているTSUBAME2.0/2.5の後継機。TOP500では61位にランク付けされている。

2位は、ヤフーの「kukai(クウカイ)」、3位は産業技術総合研究所(産総研)人工知能研究センター(AIRC)の「産総研AAIC」、4位は理化学研究所革新知能統合研究センターの「RAIDEN」がそれぞれランクインし、1位から4位までが全て日本のスパコンとなった。

画像 東工大のスパコン「TSUBAME3.0」の完成予想図(提供・東工大/産総研)
画像 東工大のスパコン「TSUBAME3.0」の完成予想図(提供・東工大/産総研)
写真 産総研のスパコン「産総研AICC」(提供・東工大/産総研)
写真 産総研のスパコン「産総研AICC」(提供・東工大/産総研)
ページトップへ