サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

科学の甲子園ジュニア全国大会で茨城優勝

掲載日:2014年12月8日

第2回科学の甲子園ジュニア全国大会で総合優勝した茨城県チーム
写真. 第2回科学の甲子園ジュニア全国大会で総合優勝した茨城県チーム
(提供:科学技術振興機構)
第2回科学の甲子園ジュニア全国大会が12月5日~7日に東京都江東区夢の島のBumB東京スポーツ文化館で開かれ、全国47都道府県から選ばれた代表チーム(1、2年生の6人)の計282人が理科や数学に関する知識と考える力、活用能力を駆使して、筆記競技や実験、工作に挑戦した。3種目の得点を総合して、茨城県チーム(県立並木中等教育学校)が優勝した。2位には福岡県チーム(久留米大学附設中学校、福岡教育大学附属福岡中学校)、3位に愛知県チーム(海陽中等教育学校)が入った。

この大会は、「全国の中学生が科学と生活とのつながりに気づき、科学の楽しさを実感できる場を提供して、科学の裾野をひろげよう」と、科学技術振興機構が主催して、全国中学校理科教育研究会が共催し、文部科学省などが後援、17の企業や団体が協賛、協力した。「広げよう科学のこころ つなごう友情の絆」をテーマに昨年から始まり、2回目の今回は、全国で計2万人を超える中学生から各都道府県1チーム6人が選ばれて全国大会に参加した。生徒たちは各都道府県のチームごとに議論しながら、筆記、実験、工作の3競技に汗だくで取り組んでいた。

ページトップへ