サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

電子線ホログラフィー顕微鏡の開発など、外村彰さん死去

掲載日:2012年5月2日

高精度な新技術の電子顕微鏡を開発し、量子力学の長年の理論を実証するなど、ノーベル物理学賞候補ともいわれた日立製作所フェローで、理化学研究所グループディレクターの外村彰(とのむら・あきら)さんが2日、膵臓がんのため、埼玉県内の病院で死去した。70歳。

外村さんは1942年、兵庫県西宮市生まれ。東京都立新宿高校卒。1965年東京大学理学部物理学科を卒業して、日立製作所に入社した。電子が粒子ではなく、波としての性質をもつことに着目し、78年に世界最高性能の「電子線ホログラフィー顕微鏡」を開発した。さらに、電磁場のない環境での電子の振る舞いについての「AB(アハラノフ・ボーム)効果」を、世界で初めて実験によって実証した。これにより、量子力学の分野で30年近くも続いた論争が決着した。

99年から日立製作所フェロー。同年に米国のノーベル賞ともいわれる「ベンジャミン・フランクリン・メダル」を受賞。2002年に文化功労者の表彰を受けた。

1989-94年に科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業ERATO型研究プロジェクトの総括責任者。95-2000年にJSTの戦略的創造研究推進事業発展研究SORST「電子波の位相と振幅の空間微細解像」の主研究者。09年からは国内トップ30人の1人に選ばれ、内閣府の最先端研究開発支援プログラムFIRST「原子分解能・ホログラフィー電子顕微鏡の開発とその応用」の中心研究者。

ページトップへ