サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

伊達市でも暫定基準超す放射性セシウム含む米

掲載日:2011年11月29日

新聞、放送、通信社の報道によると、福島県は28日、伊達市の旧小国村と旧月舘町にある農家3軒が収穫した米から、国の暫定基準値(1キログラム当たり500ベクレル)を超える最大で1,050ベクレルの放射性セシウムが検出された、と発表した。

このうち旧小国村の農家1軒が近くの直売所に出荷したうちの9キロが既に販売されている。

福島県では、伊達市に隣接する福島市の大波地区(旧小国村)でも暫定基準値を超す放射性セシウムを含んだ玄米が見つかっており、県は16日、福島市大波地区の農家に今年採れた米の出荷を見合わせるよう要請している。

ページトップへ