サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

福島第一原発2号機で核分裂反応か 放射性キセノン検出

掲載日:2011年11月2日

各新聞、放送、通信社の報道によると、東京電力は、福島第一原子力発電所2号機の格納容器から放射性キセノンが検出され、核分裂反応が起きた可能性があるため2日未明、原子炉に核分裂反応を抑えるホウ酸水の注入を行ったことを明らかにした。

放射性キセノンは、原子炉の燃料であるウラン235が核分裂したときに出る。半減期が短いことから、格納容器から検出されたことは、再び核分裂反応が起きている可能性があることを示すという。

ページトップへ