ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

2010年の平均気温平年より0.34℃高 日本は0.86℃高

掲載日:2011年2月3日

昨年の世界の平均気温は1971-2000年の30年間の平均値(平年値)より0.34℃高く、日本に限るとは0.86℃高かった、と気象庁が2日発表した。世界の平均気温は1891年以降、2番目に高く、日本は1898年以降、4番目に高い値となっている。

世界の年平均気温は、100年あたりで見ると0.68℃の割合で上昇しており、特に1990年代半ば以降、高温となる年が多くなっている。全体的に気温が高いのはインド洋や大西洋で、陸上では中央アジアなどを除く多くの地域で平年より高くなっている。日本は100年あたり1.15℃の割合で上昇しており、特に1990年代以降、高温となる年が増えている。

近年、高温になる年が頻発している理由としては、温室効果ガスの増加に伴う地球温暖化の影響と数年-数十年で繰り返される自然変動によると考えられ、2010年に関しては2009年夏から2010年春まで持続したエルニーニョ現象の影響がさらに加わった可能性があるという。

ページトップへ