ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

レアアース不要のハイブリッド自動車用モータ開発

掲載日:2010年9月30日

産出国が限られているレアアース(希土類元素)を使わないハイブリッド自動車用モータを新エネルギー・産業技術総合開発機構と、北海道大学大学院情報科学研究科の小笠原悟司教授、竹本真紹准教授が開発した。

ハイブリッド自動車や電気自動車には現在、レアアースを利用した磁石モータが使われている。安いフェライト磁石を使ったモータでは、高出力が得られないためだ。新しく開発されたモータは、フェライト磁石の磁力を弱め高い回転力が得られない原因となっているロータディスク(炭素鋼などの磁性体で構成する円盤状の部材)を取り外した構造が特徴。フェライト磁石と圧粉鉄心を非磁性の支持部材に交互に組み込むことで、レアアースを使わないフェライト磁石でも高出力を出すことを可能にした。

試作したモータの性能試験の結果、従来のハイブリッド用希土類磁石モータと同サイズで同等の高出力(51.5キロワット)を発生できることが確認された。

レアアースは、中国が世界の産出量の90%以上を占めるなど産出地域が非常に限られている。安定調達に不安があるレアアースを使わずにすむモータの開発成果は、激しさを増す次世代自動車開発における日本の産業競争力向上につながる、と期待されている。

この研究開発成果は、新エネルギー・産業技術総合開発機構の次世代自動車用高性能蓄電システム技術開発の一環として得られた。

ページトップへ