サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

ブロッコリーに放射線がん治療の効果高める成分

2009年9月1日

ブロッコリーなどに含まれる辛み成分に放射線に対する増感作用があることを、放射線医学総合研究所と茨城県立医療大学の研究チームが突き止めた。

この成分はスルフォラファンと呼ばれる化学物質。放射線医学総合研究所粒子線生物研究グループの岡安隆一グループリーダー、于冬・研究員と窪田宣夫・茨城県立医療大学保健医療学部教授は、がん細胞とマウスを使った動物実験でスルフォラファンを与えた後に放射線をあてると、それぞれがん細胞や腫瘍(しゅよう)にどのような影響が出るかを調べた。

この結果、いずれの場合もスルフォラファンが放射線の効果を高め、がん細胞を効率的に死滅させたり、腫瘍の成長を抑えることが確かめられた。将来、放射線とスルフォラファンを併用する新しいがん治療法の可能性が期待できる、と研究チームは言っている。

スルフォラファンはブロッコリーの特に新芽に多く、菜の花、カリフラワー、キャベツなどにも含まれている。1990年代の初めに米国の研究者によりがん予防に効果があることが発見された。そのほか解毒作用、抗酸化作用などがあり、最近では胃がんの原因であるピロリ菌に対する除菌効果を持つことも報告されている。

ページトップへ