サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

銀河系外で初めてアクチノイド元素発見

掲載日:2007年6月26日

22万光年の距離にある「こぐま座矮小銀河」の赤色巨星(COS82)の中に、これまで銀河系内にしか見つかっていなかった元素トリウムを、国立天文台・総合研究大学院大学と大阪教育大学のチームが、すばる望遠鏡による観測で初めて見つけた。

トリウムは、ウランとともに自然界にある元素としては最も重い元素で、アクチノイドと呼ばれるグループに属している。今回の発見は、銀河系外における初のアクチノイド元素の観測結果でもある。

鉄より重い元素は、原子核が中性子を次々と捕獲してつくられたと考えられているが、この反応がゆっくりと起きる場合は鉛、ビスマスまでの元素しかできない。それ以上重い元素は、超新星爆発のように中性子を捕獲する反応が1秒以下という短時間に起きた場合にのみつくられ、その中で寿命の長いトリウムやウランの原子核が長期にわたって生き延びて来たと考えられている。

今回の発見は、爆発的な重元素の合成が銀河系内にとどまらず他の銀河でも同じように起きていることを意味している、と研究者たちは言っている。

ページトップへ