サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(レビュー) -

『はやぶさ君』効果

掲載日:2010年11月19日

小惑星探査機「はやぶさ」が多くの人の感動を呼んだことは、議論するまでもないことだろう。回収カプセルの中に小惑星「イトカワ」の可能性が高い微粒子多数が見つかったとの新たな発表に対し、新聞各紙は大きなニュースとして報じたのに続き、17日あるいは18日の社説でも相次いでこれを取り上げた。見出しを並べてみる。

「天からの贈り物だ」(毎日新聞)、「世界初の偉業を未来に生かせ」(読売新聞)、「あっぱれを、次の宇宙へ」(朝日新聞)、「世界へ『はやぶさ』効果を」(産経新聞)、「科学の自信取り戻そう」(東京新聞)となっている。

毎日と朝日の記事中に「はやぶさ君」という愛称が出てくるように、「はやぶさ」プロジェクトに対しては科学的な評価に加え、共感がにじみ出ているのが、どの社説にも共通しているように読める。

当サイトは、17日のニュース「『はやぶさ』カプセルに小惑星の微粒子確認」で伝えたが、1人の読者からこれら社説の論調とはだいぶ異なるコメントが寄せられた。過去の関連記事として付記した7月15日付けレビュー「『はやぶさ2』プロジェクトは挑戦的か」も読んだ上でのコメントと思われるため、そのレビュー記事の下欄にある読者コメント欄に掲載させていただいている。

このコメントには賛同できない人も相当いそうだが、末尾に次のように書かれているのが目を引く。

「派手に目立つからといってマスコミの視聴率競争利用して税金であたかも子供の夢まで買えますみたいにごまかして使い続けるより、もっと地道で堅実なプロジェクトや研究者にチャンスを与えたら?」

『はやぶさ2』プロジェクトは挑戦的か」というレビュー記事は、「はやぶさ2」が本当に挑戦的なプロジェクトかどうかという議論はないのだろうか、とやんわり問題提起した記事である。記事掲載後すぐさま「はやぶさ2は挑戦的である」という明快なコメント、あるいは「意味のあることをするには1回では済まない。『はやぶさ』に対するような熱狂も不要」といった冷静なコメントなどが寄せられた。

今回の厳しい評価も含め、これらサイエンスポータル読者からの数少ないコメントから伺えるのは、「はやぶさ」に対する見方は結構いろいろあるらしいということではないか。新聞各紙の社説とはちょっと異なり…。

【この記事へ読者コメント】

 
当サイエンスポータルの基本方針とは?
投稿者:Slight_Bright 2010年11月24日掲載

ちょうど、このサイトを改めて研究させて頂こうと、考えていたところで、良い機会でもあるのでこちらに投稿させていただきます。必要でしたら改めて他に移していただいて構いません。

そもそもこのサイトは誰が、どのような編集方針でといった基本的情報は提示されてますか?編集長と言う方がいらっしゃると言うのも(居られるとは思ってましたが)、はじめて拝見しました。もちろん「このサイトについて」を読んだ上で書いてます。

編集方針の観点では、例えば「論文ピックアップ」の分野の基準は何によって選ばれているのか?純粋に科学的知見の高さなのか、国の予算における重点分野や現行プロジェクトとの競合分野なのかなど。

またリンク先が切れている場合の対応は?など。取り敢えず当サイトに対して感じた問題の提起とし、ここまでとしておきます。

余談ですが、投稿先のURLをいちいちコピペしなければならないサイトを、初めて目にしました。使いにくいと思いませんか?おそらくjava scriptの些細な改変で済むことですが、この様な形態に敢えてする理由などがあるのでしょうか?

「はやぶさ」が残した物---研究資金の調達の視点で
投稿者:Slight_Bright 2010年11月24日掲載

個人的に「はやぶさ」の偉業を讃える論調一辺倒の中、意味あるご指摘であり、学術的見地とは別に議論されるべきレビューであると考える。

行政刷新会議設置の「国民の声」にはこの様な声も。
はやぶさ、わかりますが
「未来の子どもたちに、安全な社会も持続可能な資源も残せないのに、何が「希望」なのかと思います。研究費の支出に対しては、甘言に惑わされることなく、厳しい目で判断するべき。」とのご指摘。

少なくとも事業仕分けが学術界に投げかけた問題は、その研究の資金調達にあたって、どれだけのリスクがありそれに対しリスクヘッジがあるのか?だと思っているのだが、その意識は研究者に届いているのだろうか?

まあ、現実的にこの研究の成功の確率は10%で、それに対するヘッジはありませんなんて申請書自体まれであると思われるが…(例外としては「カミオカンデ」か)。

この問題に関しJST理事長の北澤氏もツイッターで述べておられる。

尚、余談ではあるが、スーパーコンピュータの京において当初計画にあったベクトル演算システムを投げ出したのも、はやぶさのイオンエンジンの開発を担ったのも、同じ「日本電気(NEC)」だったり…。

コメントに対する評価も読者の皆さまに期待します
投稿者:小岩井忠道(サイエンスポータル編集長) 2010年11月22日掲載

「あまりに質の低い(事実に基づかない、思い込みを過剰に含んだ)コメントに乗せられてレビュー記事を新たに起こすのは編集部の見識が疑われます」という厳しいコメントをいただきました。

ウェブサイトの編集に当たり、常々考えていることは、双方向性ということです。双方向性というよりネットワークといった方が適当でしょうか。新聞や放送、特に放送は視聴者、聴取者からの反応をすぐに放送内容に反映することができます。朝のラジオ番組では、実際にそうした試みが当たり前のようになっています。ウェブサイトが一方的に情報を送るだけでは新媒体の名が泣きますから、ビューワーからの異論、反論もどんどん紹介し、そうしたやりとりの中から実態がより鮮明になるのが望ましい、と考えております。

ニュースと別にレビュー記事の欄を設けていますのも、編集部として何らかの主張をするというより、「これは議論の対象にならないでしょうか」と問いかけることを狙いとしているつもりです。従ってレビュー記事に対し実際に寄せられたコメントにつきましては、あまりに下品あるいは差別的表現があるといったものを除き、原則すべて載せるという方針でやってきました。「こんな意味不明な記事は即刻削除せよ」というコメントを寄せられた際、結果的に掲載できなかったことはあります。「もう少し具体的に削除を求める理由を書いていただければ、コメントとして掲載します」という返事を送ったのですが、返信がありませんでした。これが掲載できなかった唯一の例かと思います。

今回のコメントに対しても「あまりに質の低い(事実に基づかない、思い込みを過剰に含んだ)」と編集部が判断して掲載をやめるということは考えませんでした。反論や事実誤認がもしあればビューワーから指摘していただき、そのコメントを掲載して再度、皆さんにお考えいただくのが適当と考えております。

「レビュー記事を新たに起こ」したことにつきましては、「はやぶさ」に関する新聞報道があまりに似たようなものだったので、科学・技術コミュニティの方々も皆さん同じような見方なのか再度問いかけたいと考えた以外の理由はありません。

事実に基づいた記事作成をお願いします。
投稿者:makoto 2010年11月22日掲載

言及されている「読者からのコメント」があまりに事実を無視した言いがかり的なものなので、あまり気が進みませんがコメントを。

『しかも結論は失敗だし!もともとは地表面に着陸してサンプルを採取して帰還してこそ、宇宙での実証実験が成功ということ』
<- サンプルはイトカワ表面の物質でほぼ間違いない、という発表がありました。このコメントはその発表前に投稿されたものかもしれないので、ここは単に事実の指摘にとどめます。

『特許はもちろん各国から宇宙開発、武器や兵器など軍事への転用含め、膨大な利益を見込んでいたはず。もちろん国家としてよりJAXAの丸儲け。』
<-実際にはやぶさを製作した企業はここで培った技術をもとに商業展開を行うでしょうが、JAXAの丸儲けということにはならないでしょう。商業展開が目的なら、今回のはやぶさのような極めてリスクの大きなプロジェクトはやらないでしょう。

『イトカワなんて命名権まで購入して』
<-小惑星の名前の命名権は発見者に与えられます。イトカワは地球接近小惑星発見プログラムLINEARにより発見され、宇宙科学研究所がLINEAR側に依頼してイトカワという名を提案してもらったものです。金を取って星に名をつけるという商売もありますが、この場合はそのような金銭の授受はないはずです。

『もっと地道で堅実なプロジェクトや研究者にチャンスを与えたら?』
<- ローリスク・ローリターンとハイリスク・ハイリターンのどちらを目指すか、というのは意見の分かれるところでしょうが、どちらかだけに偏らず双方バランスよく進めていくことでこそ科学・技術の研究が進展していくものでしょう。

当レビューはどなたがお書きになっているのでしょうか。読者がコメントしそれを掲載するのは自由ですが、あまりに質の低い(事実に基づかない、思い込みを過剰に含んだ)コメントに乗せられてレビュー記事を新たに起こすのは編集部の見識が疑われます。

 
ページトップへ