サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(レビュー) -

世界トップを目指す人、課題とは

掲載日:2009年7月13日

世界をリードし、トップを目指す課題に研究開発費を集中投入する「最先端研究開発支援プログラム」の選定作業が始まった。

9日に開かれた最先端研究開発支援ワーキングチームの初会合で、野田聖子 氏・科学技術政策担当大臣は「『これこそ次の日本の研究開発だ』というものを選んで、国民を鼓舞してもらいたい」と、あいさつしている。委員からは早速、どのような課題を選ぶか、さまざまな意見が出たのが興味深い。

産業界の委員からは、当然ながら「研究のための研究ではなく、日本の技術力、産業力の強化につながるものでなければならない」「確かな社会還元につなげていくためには、プログラム終了後のフォローアップが重要」「産業競争力の強化につながる課題に重きをおくべきだ」といった意見が多く出された。

一方で基礎研究分野の委員からは「中心研究者の創造力が重要であり、提案課題の中に創造力が盛り込まれているかどうかが重要」「適正規模があり、最低30億円ということでなしに、提案によっては小さいものもよいのではないか」「中心研究者に国内外の大型プロジェクトの運営経験を求めると年寄りしか応募できないのではないか」などの意見が出された。

独創的な研究成果は思わぬきっかけから生まれることが多い。これらの研究がすべて最初から高額の研究開発費、大人数の研究スタッフを必要とするわけでもないだろう。基礎研究分野の委員からの意見は、見通しがついた課題にのみ研究開発費が集中するとこれら独創的な研究の芽を摘みかねない、という危ぐに基づくものではないか。

3-5年間で世界をリードし、世界のトップを目指す人と課題を約30選ぶ。最先端研究開発支援ワーキングチームに課された任務は、相当に重いと思われる。プログラムに対する認識や選定に関する考え方が、基礎系と産業系では大きく異なるのも、むしろ最初から予想されたことではないだろうか。

選定作業の最終段階まで議論は続くようにみえる。

【この記事へ読者コメント】  
パネルをつくる案はいいですね
投稿者:K 2009年7月24日掲載
tadashiさんが書かれた、パネルをつくって意見を集約しようという案、私も首肯します。

できれば、いま困っていることだけではなく、長期的展望に立った社会的課題を超克していくために必要なことをたくさんの人たちが知恵を持ち寄って意見集約できればいいと思います。

パネルをつくったらどうでしょうか?
投稿者:tadashi 2009年7月21日掲載
最先端研究開発支援プログラムには、審議会よりももうちょっと多人数が参加するパネルがあるといいのではないでしょうか? http://researchmap.jp という仕組みが最近できています。この中で、意見をうまく集約するパネル設定できないでしょうか?

別途、一般の人の意見を取り入れるのもいいのですが、内容を理解できない場合が多いので、理科の先生のパネルをつくるのはどうでしょうか?

左巻先生がやっている新理科MLのようなところがそういったパネルの母体になるといいなと思います。

最先端研究開発支援プログラムの選定にあたり
投稿者:草の根 2009年7月16日掲載
科学技術の最新情報を伝えているSciencePortalのレビューコーナーで最先端研究開発支援プログラムの選定作業が始まるというニュースを知りました。

この件に関しては、一言だけ。

最先端研究開発支援に関する、過去の成果が実を挙げなかった原因への反省と方向性は?

日本のノーベル賞受賞者は、島津の田中さんを除き、全てといってよいくらい基礎研究であったという事実。

これに対する産業界や、研究者の間にはかなりの落差が感じられます。

そもそも失礼ながら、この選定作業に関わる方がよく分かりません。

企業の元研究者の一人として申し上げますが、成果重視主義で、研究サイクルを例えば、10年なら3年に、一年なら半年でという発想。

これは、結局は多くの優秀な研究者をつぶし、経費の無駄遣いに終わったというのが正しいでしょう。

そして、それだけならまだしも、研究開発に伴う、予期できない要素、例えば昔なら公害、今なら耐震強度の見直しとかいろいろありますが、必ずそういうリスクを伴います。

一般には分かりにくい世界と思いますが、日本を支えてきた技術が、欧米の模倣から、独自技術による繁栄になったものがいくつあるかということなど、良く反省したうえで決める必要があるのではないでしょうか。

タフな中心研究者候補と研究課題候補の選定作業、そして...
投稿者:K_Tachibana 2009年7月14日掲載
先日、第1回のワーキングチームの傍聴に行って強く感じたのは、レビューでもふれられているように、中心研究者候補と研究課題候補の選定作業がきわめてタフだろうなということです。

どのような分野からの応募があるかわからないわけですし、ワーキングチームの方々すべてで公正な審査をするにはどうしても他の方の手を借りなければ足りない。しかも、応募される方々と利害関係にあってはならず、応募される方も、いざ選定されたと仮定して、最先端研究開発支援後の研究費をどうやってつないでいくかという課題もあります。

早急に、総合科学技術会議でも最先端研究開発支援プログラムに関係するさまざまなシステムの整備をしていかないと、応募するほうもかなりの度胸が要ると思います。

 
ページトップへ