ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

『初期生命は熱水環境で誕生』説補強する研究成果

掲載日:2012年1月18日

約70℃の地下温泉水に生息するバクテリアが、既知のバクテリアの中では最も「共通祖先」に近いことを、海洋研究開発機構の研究者たちがゲノム解析で突き止めた。

現存する生物の中で誕生したばかりの生命に最も近いのは古細菌とバクテリアと言われており、さらに初期生命に近いこれらの「共通祖先」が存在すると考えられている。この「共通祖先」は有機物に乏しい原始地球環境の中で、水素と二酸化炭素(CO2)から、細胞とエネルギーをつくり出すアセチルコエパスウェイと呼ばれる代謝経路を持っていたと推論されている。

髙見英人・海洋・極限環境生物圏領域上席研究員らは、アセトサーマスと呼ばれるバクテリアが、共通祖先が持っていると考えられるこの代謝経路を持ち、さらに古細菌とバクテリアが共通に持つ4つのタンパクと5つの酵素の系統樹から、これまで知られていたバクテリアの中でもっとも「共通祖先」に近いことを明らかにした。さらに、現存するほとんどの古細菌と、共通祖先に近いと考えられるバクテリアだけが持つ糖質合成酵素もアセトサーマスが持つことも突き止めた。

最近の研究によると、地球の生命はアルカリ性で比較的温度の低い熱水噴出孔で誕生したという考え方が有力。また、古細菌とバクテリアに分かれる前のより原始生命に近い「共通祖先」は、アセチルコエパスウェイという代謝経路を持っていたと考えられている。これまで「共通祖先」に近い古細菌の中に代謝経路「アセチルコエパスウェイ」を持つものは見つかっていたが、「共通祖先」に近いバクテリアの中には見つかっていなかった。

ページトップへ