ニュース

小惑星探査機「はやぶさ」7年ぶり帰還 カプセル着地

2010.06.14

『はやぶさ』が最後に撮影した地球
『はやぶさ』が最後に撮影した地球
(提供:宇宙航空研究開発機構)

 小惑星探査機「はやぶさ」が13日夜、大気圏に突入し、小惑星「イトカワ」の表面試料が入っていると期待されるカプセルが、予定されたオーストラリア南部の砂漠に落下した。

 カプセルは14日午後に回収される予定だが、13日深夜、ヘリコプターによる捜索で着地した位置は確認された。「はやぶさ」本体は大気圏突入の直前にカプセルと切り離され、大気中で燃え尽き、7年に及ぶ使命を全うした。

 「はやぶさ」は、2003年5月にM-Vロケットで打ち上げられ、9月にイトカワに到着、延べ3回の接地と1回の着陸を行うなど観測、探査成果を挙げて地球への帰途についた。離陸後に燃料漏れで一時交信が不通になるトラブルのほか主推進装置であるイオンエンジンの不調などで、地球帰還のスケジュールは3年遅れた。

 「はやぶさ」プロジェクトは、米科学誌「サイエンス」が06年6月にイトカワに関する観測成果を特集するなど、既に世界の研究者たちの大きな関心を集めている。「カプセル」が回収され、小惑星の試料が期待通り得られると、さらに大きな関心を呼ぶとみられる。

関連記事

ページトップへ