ニュース

「きぼう」での宇宙実験アイデア一般募集

2008.10.24

 
来年2月から3カ月間、国際宇宙ステーションに滞在予定の若田光一・宇宙飛行士が日本実験棟「きぼう」で行う簡単な実験のアイデアを宇宙航空研究開発機構が一般から募集する。

 本格的な実験ではなく、子どもが見ても分かるような「おもしろ宇宙実験」で、特殊な道具を使わず10分程度で済む実験が対象。応募者は、実験の結果がどうなるかの予想も書いて、ファクスないし封書で宇宙航空研究開発機構に送る。締め切りは11月20日(当日消印有効)。

 実験の様子は、ビデオテープを地上に回収後、機構のホームページで公開される。

ページトップへ