レポート - その他のレポート -

「第11回 みどりの学術賞」 受賞記念講演会(1/2)

サイエンスポータル編集部

掲載日:2017年7月28日

梅雨の間の日差しを受けて、街路樹の緑が一段と深みを増したかに見える7月2日、日本科学未来館で、「みどりの学術賞 受賞記念講演会」が行われた。みどりの学術賞は、「みどりの日」(5月4日)にちなみ、2006(平成18)年の閣議決定で創設された。国内において、植物、森林、緑地、造園、自然保護等に係る研究や技術開発などの「みどり」に関する学術上の顕著な功績のあった個人に対して、毎年4月に天皇皇后両陛下の御臨席のもと行われる「みどりの式典」において内閣総理大臣より授与されている。11回目にあたる今年は、丸田頼一(まるた よりかず)千葉大学名誉教授に「都市緑地計画学の理論構築とヒートアイランド現象の緩和に関する政策反映」の功績によって、また、沈 建仁(しん けんじん)岡山大学異分野基礎科学研究所教授に「光合成の酸素発生機構の原子レベルでの解明」の功績によって、授与された。記念講演会では、この学術賞について理解を深めるため内閣府が任命した「みどりの科学コミュニケーター」(日本科学未来館・科学コミュニケーターの本田ともみさん、武田真梨子さん※1)がナビゲーターとサポート役を務め、終始、柔らかな雰囲気で進められた。

※1 日本科学未来館HP「みどりの科学コミュニケーター」就任及び関連イベントの実施について

ヒートアイランド現象を見つめ都市緑化計画を進めたパイオニア

「みなさんは、ご自身を身近な環境に敏感だと思いますか?身近な環境というと、どんなことを思い浮かべるでしょうか?」。みどりの科学コミュニケーター本田さんは、初めに会場にそう問いかけ、「身近な環境を感度高く見つめ、緑の効果の客観的な指標を見出して、実際の街づくりに貢献した研究者」と、丸田さんの講演へと誘った。

写真1.丸田さん(左)とみどりの科学コミュニケーターの本田さん(右)
写真1.丸田さん(左)とみどりの科学コミュニケーターの本田さん(右)

丸田さんは、1960年代、都市部の気温が上昇する「ヒートアイランド現象」にいち早く注目し、以来、長年にわたって都市緑地計画と、気温上昇の緩和を研究してきた。講演の冒頭で、「今日も暑くてその必要性を感じますが」と切り出し、「明治時代の気温は最高でも25度程度だったといいますね。日本は狭い国ですから、欧米式とは違う“自然を使った生き方”、つまり植物を通して自然のクーラーを有効に使う生活が必要だと考えました」と大学院生だったころの研究の動機をふり返り、「昭和45年に最初にクーラーが登場してから、何の制約もなく来てしまいました」と、人工の風に満ちた現代の都市のくらしに静かな口調で苦言を呈した。

研究内容の紹介は、今ではおなじみのパソコンは用いずに大量のスライドを一枚一枚映写しながら行われた。次から次へ、淡々と紹介されるスライドには、フィールドワークで撮影したモノクロの景観写真や、手書きで記録した測定結果などが映されていた。ヒートアイランド現象の裏付けを得るために、あるいは緑地がもたらす緩和効果を確かめるために、丸田さんが地道な実地調査の数々を記録してきたものであり、年輪を重ねた研究の足取りが伝わってくる。

現在では、観測ターゲットを遠隔からポイントして温度を瞬時に測る赤外線温度計などの便利なツールがあるが、丸田さんが観測を始めた頃には、そのようなデジタル温湿度計もなければ、広域にわたる地域の観測結果を統計したり、変化率を効率よく導き出したりできるコンピュータもなかった。そんな時代に、温度への影響に配慮してあえて自動車は使わずに、自転車や徒歩で移動しながらの観測が丹念に続けられた。

調査対象は、新宿御苑をはじめとする大きな公園内の樹木や水面などの多様な観測ポイントや、アスファルトの街路、コンクリートの建物群と街路樹との関係、杉並区や庄和町(埼玉県)など都市のスケールで見た住宅街と緑地、農地、河川との比較など、多岐にわたる。対象のエリアを細分化し、多数の観測地点を設定して、時間の推移で変化する小さな温度差や湿度の違い、風の通り道などが確かめられた。

図1.アスファルト面と緑化面の温度比較。アスファルトやコンクリートの部分は50~60℃まで上昇(右)。出典:東京都 駐車場緑化ガイドより、撮影:山田宏之(和歌山大学システム工学部)
図1.アスファルト面と緑化面の温度比較。アスファルトやコンクリートの部分は50~60℃まで上昇(右)。 出典:東京都 駐車場緑化ガイドより、撮影:山田宏之(和歌山大学システム工学部)
図2.小石川植物園の夏季における気温分布調査結果より。左が14時、右が0時。中側は植物園でも常緑の箇所で温度が低く、14時には周辺の温度が徐々に高くなっていく。日中は南風が多く吹くため、北側に涼しいゾーンができる 出典:『環境緑化のすすめ』(丸田頼一著、丸善)
図2.小石川植物園の夏季における気温分布調査結果より。左が14時、右が0時。中側は植物園でも常緑の箇所で温度が低く、14時には周辺の温度が徐々に高くなっていく。日中は南風が多く吹くため、北側に涼しいゾーンができる 出典:『環境緑化のすすめ』(丸田頼一著、丸善)
図3.観測結果をもとに、緑被率と温度上昇の緩和効果を数値化した図。「緑地が10%増えれば0.2~0.3℃緩和される」と丸田さん 出典:「都市における公園内外の気温分布特性について」(日本造園学会誌  J.JILA 61 (5),1998)
図3.観測結果をもとに、緑被率と温度上昇の緩和効果を数値化した図。「緑地が10%増えれば0.2~0.3℃緩和される」と丸田さん 出典:「都市における公園内外の気温分布特性について」(日本造園学会誌 J.JILA 61 (5),1998)

「緑地と街路の間には、気圧差が生じて、冷涼な空気が徐々に“滲み出して”いきます。晴れた日には、光合成が活性化され、植物自体の動きが活発化して、蒸発散が盛んになり、滲み出しが広がっていきます」。温度変化の概観とともに、自身の“発見”が紹介される。配布された資料には、丸田さんが実証した緑地の緩和効果は気温だけにとどまらず、空気の乾燥や騒音、振動、火災の延焼遮断など多方面にわたるとある。また丸田さんは、それらの実証的研究の成果をもとにして、緩和効果を実現するための緑地配置計画論を提唱し、政府が2004年に定めた「ヒートアイランド対策大綱」へと結びつけ、今では全国の都市計画で活かされている「緑の基本計画」の礎づくりにも貢献したという。

地道な実地調査から理論を抽出し、技術開発や政策提言まで、一連の偉業を成し遂げた丸田さん。だが、講演の終盤では、その志がまだ途半ばであることをうかがわせた。ミュンヘン(ドイツ・バイエルン州)や、アントニオ・リバー周辺(米国・テキサス州)の風景写真を映写し、「水面を活かした気持ちの良い環境」の好例と紹介する一方で、「日本にも、御茶ノ水にせよ、水面を活かした都市になるポテンシャルをもつ場所があるのですが、なかなか実現できません。今後の課題です」と語る。また、みどりの科学コミュニケーター本田さんの「行政は都市の緑地化を進めているのですか?」との問いかけに対し、「今はまだ、行政のそれぞれの部局がばらばらに現状を把握している状況というのが実情です。各部局が一体となり、積極的に温暖化対策に取り組むのは、これからだと思います」と答える。自然の力を最大限に活かした街に作り変えていくには、未だ難しい壁があることを示唆した。

ページトップへ