レポート - その他のレポート -

海外レポート [シリーズ] 諸外国における製造業強化のための研究開発戦略
〈第6回〉中国:更に二歩、先進製造技術へ 1/2

科学技術振興機構研究開発戦略センター海外動向ユニット 周 少丹 氏

掲載日:2016年1月8日

この[シリーズ]では、諸外国の製造業強化のための研究開発戦略や政策をレポートする。第6回は、中国。欧米の先進諸国と同様、中国も製造業強化に取り組んでいる。重点分野は、次世代をにらんだ「先進製造技術」。研究資金の配分でも拡大策を打ち出している。

迫られた選択:製造業のイノベーション

中国は2008年以降、輸出総額が5年連続で世界第1位となり、第2位のドイツとの差を広げつつある。「Made in China」はすでに世界各国の日常生活に浸透しており、「製造大国」という名を手に入れた。しかし、外資からの技術導入への依存度が高いことや、製造プロセスにおける高い環境負荷、低いエネルギー効率と生産技術力、人件費の上昇といった課題を抱えている。生産技術力は、大半の企業が第2次産業革命レベルである電気エネルギーによる大量生産にとどまり、情報技術を駆使した生産自動化のような第3次産業革命レベルに達していない。中国が「製造強国」になるまでには距離がある。

2008年のリーマンショックの後、欧米の先進諸国は製造業の重要性を再認識し、それぞれ次世代製造技術に関する政策を打ち出し、最新のICT技術や材料技術などを融合し、製造業強化に向けた支援を行っている。中国は上述の国内固有の課題を抱えながら、いかにして次世代製造技術の舞台で先進国と競争あるいは協力するのか──という二歩先を考えざるをえない。中国はイノベーションを創出するしかないという選択を迫られている。

先進製造技術に関連する2つの科学技術政策

2000年以降、「製造大国」の地位を確立しつつある中国は、資源依存型・労働集約型生産方式から脱却し、イノベーションによる国民経済の持続可能な発展を狙い、国務院※1 によって「国家中長期科学技術発展計画綱要2006-2020年(以下「中長期計画」)」が打ち出された。

※1 内閣府に相当し、その傘下には、科学技術部、教育部、工業と情報化部などの省庁や、中国科学院や自然科学委員会(ファンディングエージェンシー)等もある。国の基本政策を策定する機関である。

「中長期計画」は、一点突破で国力を向上させることや、現在中国が所有していない技術の空白領域を埋めることを目的として16重大特定プロジェクトを指定すると同時に、将来有望な新市場のニーズを見据え、新しい産業を育成する際の基盤となる「先端技術(8項目)」も指定した。本稿のテーマである先進製造技術は先端技術のひとつであり、「情報技術との融合」「極限製造※2」「グリーン製造(低環境負荷製造)」という方向性が定められ、極限製造技術、次世代ロボット技術※3、重要製品や大型設備の寿命予測技術が重点分野とされている。

※2 極限製造とは、高温や低温、強磁場など極端的条件において、極めて複雑な性能を持つ巨大または微小な部品・システムを生産することを意味する。例えば、マイクロ電気機械システム、マイクロ・ナノシステム、超精密・微細加工技術など。

※3 構造化されていない環境で人類に特定のサービスを提供するロボット。例えば、警備ロボットや医療ロボットなど。

2008年のリーマンショック以来、欧米や日本は自国の産業の優位なところを強める姿勢を示している。中国政府も中期的に産業構造の調整が必要と考え、2011年7月に中国科学技術部が「中長期計画」の二期目の施策として「国家第十二次科学技術発展五カ年計画(以下、「十二•五計画」)」を打ち出した。先進製造技術は「先端技術」という位置付けは変わらないが、方向性はグリーン製造とインテリジェント製造※4に絞られている。また、5つの最優先課題と10の重点技術が指定されている。

※4 IM Intelligent Manufacturing。自動的に環境の変化や生産プロセスの調整に適応し、オペレーターから最小限の管理と援助で多種多様な製品を生産する製造方式のことである。

先進製造技術に関する方向性と分野の変遷
図1.先進製造技術に関する方向性と分野の変遷(拡大図を表示)

図1の通り、当初の「中長期計画」の技術分野を分化したり、統合したりしたため、「十二•五計画」の技術分野はより明確になった。ただし、次世代ロボット技術の具体的研究分野は「十二•五計画」では言及されていない。また、「十二•五計画」では「情報技術との融合」の表現が消えたが、代わりにそのバージョンアップ版である「インテリジェント製造」が目指す方向とされおり、製造業サービス化技術における特定の技術分野になっている。

研究資金の配分

中国中央政府の研究基金は、主として科学技術部「ハイテク研究発展計画(以下「863計画」)」と国家自然科学基金委員会(以下「NSFC」)が先進製造技術の競争的資金を提供している。

研究資金機関 プロジェクト名 総額 期間
科学技術部
863計画
介護型ロボット技術 2,200万元(約4億円) 2008年12月-2010年10月
埋め込み型人工心臓技術 500万元(約9千万円) 2009年9月-2010年12月
MEMS部品設計、製造および応用技術 8,800万元(約15.9億円) 2011年1月-2013年12月
高性能四足型ロボット技術 4,500万元(約8.1億円) 2011年1月-2013年12月
オートメーション向け無線技術(WIA) 4,500万元(約8.1億円) 2011年1月-2014年12月
クラウド・マニュファクチャリング向けプラットフォーム技術 5,000万元(約9億円) 2011年1月-2013年12月
国家自然科学基金委員会
(NSFC)
先進的工作機械のマルチボディのダイナミクスと制御技術 1,040万元(約1.9億円) 2011年-2014年
新型オプトエレクトロニクス材料の精密研磨加工技術 1,040万元(約1.9億円) 2011年-2014年
(宇宙局と共同出資)宇宙技術向け先進製造技術 1.5億元(約27億円) 2015年-2017年
表1.863計画およびNSFC が拠出する先進製造に関する競争的資金

2008~14年、科学技術部は「863計画」で2億550万元(約46億円)を投入した。特筆すべきは、「863計画」の資金を受け取るには、研究者が競争的資金と同額の研究資金を自前で用意しなければならないということである。つまり、研究資金総額が倍の5.1億元(約92億円)になるわけである。一方、NSFCは2015年までに2,180万元(約3.8億円)しか投入しなかったが、2014年に国家航天局傘下の中国航天科学技術グループと協議し、これからの2年間で宇宙向けの先進製造技術に1.5億元(約27億円)を投入する。これは、先進製造に関する競争的資金の35.2%を占めるほど多額で、新たに宇宙技術分野に重点を置き、強く推進する狙いが自明であろう。

「産学官連携ジャーナル」の記事を一部改変

ページトップへ