レポート - 英国大学事情 -

2016年12月号「国際高等教育統計資料」<英国大学協会:「International Higher Education in Facts & Figures 2016」より>

掲載日:2016年12月1日

英国在住約40年のフリーランス・コンサルタント山田直氏が、新しい大学の生き方を求め、イノべーション創出、技術移転などに積極的に取り組む英国の大学と、大学を取り囲む英国社会の最新の動きをレポートします。

2016年6月、英国大学協会(Universities UK)の国際ユニットは、「International Higher Education in Facts & Figures 2016pdfと題する、国際高等教育分野に関する動向統計資料を発表した。今月号では、この中から一部を抜粋して紹介する。

1. 世界の留学生の動向

【留学先動向】 2013年
留学先 世界における留学先シェア 2003年: 海外
からの留学生数
2013年: 海外からの留学生数 過去10年間の
増減率
米国 19.4 % 586,316 名 784,427 名 33.8 %
英国 10.3 255,233 416,693 63.3
オーストラリア  6.2 188,160 249,868 32.8
フランス  5.7 221,567 239,344   8.0
ドイツ  4.9 240,619 196,619 -18.3
ロシア  3.4  68,602 138,496 101.9
日本  3.4  86,505 135,803  57.0
カナダ  3.4  59,067 135,187 128.9
中国  2.4  36,386 96,409 165.0
イタリー  2.4  36,137 82,450 128.2
その他の国 38.9  
【英国におけるEU域外からの留学生数】
年度 学士課程 修士課程 博士課程 合計
2007・08 104,445 名 97,835 名 27,365 名 229,645 名
2010・11 134,220 134,660  29,230 298,110
2014・15 153,745 124,610  33,655 312,010

* 英国へのEU域外からの留学生数は2007年度から3分の1以上増加したが、最近ではその伸び率が鈍化している。

【英国における留学生の出身国トップ20と留学生数】 2014・15年度
中国 89,540 香港 16,215 ギリシャ 10,130 ルーマニア 6,590
インド 18,320 ドイツ 13,675 キプロス 9,545 ブルガリア 6,255
ナイジェリア 17,920 フランス 11,955 サウジアラビア 8,595 タイ 6,240
マレーシア 17,060 アイルランド 10,905 シンガポール 7,295 パキスタン 6,080
米国 16,865 イタリー 10,525 スペイン 7,040 カナダ 6,075

* 2007・08年度から、英国への中国人留学生は著しく増加した一方、インドからの留学生は過去4年間で50%以上減少した。(筆者注:英国政府の学生ビザ発給条件の厳格化が一因と思われる)

2. 留学生が望むもの

2-1) 留学生の満足度と留学経費

【学士課程留学生の留学先における満足度】
順位 総合 学習 生活 サポート
 1 英国 英国 英国 英国
 2 米国 米国 オーストラリア 米国
 3 カナダ カナダ ニュージーランド ニュージーランド
 4 オーストラリア オーストラリア 米国 オーストラリア
 5 ニュージーランド ニュージーランド カナダ カナダ

出典:International Student Barometer, I-graduate (2015)

【留学生の年間経費】授業料+生活費 (単位:USドル)
オーストラリア 42,093 カナダ 29,947 台湾 11,911
シンガポール 39,229 フランス 16,777 トルコ 11,365
米国 36,565 マレーシア 12,941 中国 10,730
英国 35,045 インドネシア 12,905  
香港 32,140 ブラジル 12,628

出典:HSBC (2014)

2-2) 英国に留学した学生の就職

* 英国の大学卒業者の失業率は、OECD諸国の中でも最も低いレベルにある。

【学位取得者の失業率:国別】
国別 学士号または同等学位 修士号または同等学位
英国 2.7 % 2.1 %
オーストラリア 2.7 3.9
米国 3.9 2.6
オランダ 4.0 3.6
ベルギー 4.0 4.3
フランス 6.0 5.3
OECD 平均 5.6 4.5

出典:OECD (2015)

2-3) 英国の大学へのEU及びEU域外からの留学生

* 英国の大学の学生の約5人に1人は留学生であり、広範囲の学科で学んでいる。

【英国の大学への留学生数:専攻分野別】 2014・15年度
学科 EUからの留学生 EU域外からの留学生 学科に占める留学生の比率
ビジネス、アドミ 24,320 名 101,160 名 38.4 %
工学・技術 12,415 40,970 33.1
社会科学 13,140 27,985 19.8
クリエーティブ・アーツ 10,180 16,795 16.2
法律 6,090 16,965 26.3
生物科学 10,600 12,130 10.8
医学関連 7,975 13,300 7.7
言語 6,985 12,770 17.7
コンピューター科学 6,690 12,300 20.4
物理科学 5,570 9,240 15.8
建築 3,345 8,915 25.4
マスコミ 3,765 7,405 23.0
医学・歯学 2,700 7,850 16.0
教育 3,100 6,920 6.1
歴史・哲学 3,590 5,775 10.8
数学 2,425 6,715 21.6
複合学科 775 2,180 6.0
農学 75 1,630 12.4
獣医学 165 950 18.9

出典:HESA Student Record(2014/15)

3. トランスナショナル教育と学生の海外留学

3-1) 種類別のトランスナショナル教育と提供のレベル

* 約664,000名の学生が、英国以外で英国の大学の学位取得を目指して受講している。

筆者注:大学の本拠地以外の海外で授業を提供することを「transnational education」、通称TNEと呼んでいる。これには通信教育等の遠隔教育を含む。

【英国の大学のトランスナショナル教育を受講中の学生数:地域別】 2014・15年度
アジア 319,980名 中近東 61,415名 オーストラリア 3,660名
アフリカ 150,000 北米 32,085 南米 2,525
英国以外のEU 75,280 その他の欧州 20,745  

出典:HESA Aggregate Offshore Record (2014-15)

【英国の大学のトランスナショナル教育を受講中の学生数:地域・課程別】 2014・15年度
  学士課程 大学院課程
EU域外 494,920 名 95,790 名
EU内 52,210 23,070

* 2014・15年度には、トランスナショナル教育を受けている学生数は2008・09年度に比べて約70%増加した。また、そのほとんどの学生は学士課程である。

【英国の大学のトランスナショナル教育を受講中の学生数:課程別】 2014・15年度
コース別 学生数 比率
学士課程 529,450 名 80 %
学士号以外の学士課程  15,605  2
修士課程 113,310 17
博士課程   5,545  1
【トランスナショナル教育提供機関に登録別の学生数】 2014・15年度
海外のパートナー校に登録 384,585名
英国の大学に登録(その他のコース) 127,515
英国の大学に登録(通信教育、フレキシブル・コース等) 120,475
英国の大学に登録(海外ブランチ・キャンパス) 22,750
その他 8,590

出典:HESA Aggregate Offshore Record (2014-15)

3-2) エラスムス制度を利用した留学

* 大学生のモビリティー(国を超えた移動)を支援するEUのエラスムス制度(ERASMUS, European Region Action Scheme for the Mobility of University Students) を利用して留学した英国人学生は、2013・14年度には2007・08年度に比べて約50%増加した。

【エラスムス制度を利用して英国に留学又は英国から海外に留学した学生】
  2007・08年度 2010・11年度 2013・14年度
英国に留学した他のEU国の学生 19,088名 24,474名 27,401名
英国から他のEU国に留学した英国人学生 10,278 12,833 15,610

出典:European Commission Fact Sheet (2015)

【エラスムス制度を利用して英国に来た又は英国から他のEU国に渡ったスタッフ】
  2007・08年度 2013・14年度
英国に来た他のEU国のスタッフ 2,048名 3,597名
英国から他のEU国に渡ったスタッフ 1,580 2,327

出典:European Commission Fact Sheet (2015)

3-3) 2014・15年度の英国人留学生

* 2014・15年度に海外留学した約22,000の英国人留学生の内、約半数が他のEU諸国の大学に留学している。

【英国人留学生が海外で受講したトップ10の学問分野】 2014・15年度
臨床医学 1,995名 臨床前医学 595名
フランス研究 1,570 ドイツ研究 580
スペイン研究 1,215 時代別の歴史学 530
ビジネス研究 985 国際ビジネス研究 525
英語以外の欧州言語 795 経営学 450

出典:HESA Student Record (2014-15)

【英国人学生の留学先トップ5】 2014・15年度
フランス 米国 スペイン ドイツ オーストラリア
3,565名 3,060名 2,920名 1,715名 1,390名

出典:HESA Student Record (2014-15)

3-4) 外国人アカデミック・スタッフ数

* 英国の大学におけるアカデミック・スタッフの4分の1以上が外国人であり、その比率は過去10年間で19%から28%に増加した。

【外国人アカデミック・スタッフ数:業務別】
業務 EUからの外国人スタッフ数 EU域外からの外国人スタッフ数 外国人スタッフ比率
教育と研究 13,480名 9,960名      25 %
研究のみ 11,945 9,115        45
教育のみ 6,105 4,445        21
その他 105 65        11
合計 31,635名 23,585名       28 % 

出典: HESA Staff Record (2014-15)

【アカデミック・スタッフの出身地域】
英国 EU EU域外
139,195名 31,635名 23,360名

出典: HESA Staff Record (2014-15)

4. 国際共同研究のインパクト

4-1) 英国の大学の国際共同研究パートナー国

* 英国の大学の最大の研究パートナー国は米国であり、トップ20の研究パートナー国の内、13か国がEU加盟国である。

【英国の大学との国際共同研究件数:トップ10国】 2008-12年
米国 89,579 イタリー 27,789 スペイン 23,258 スイス 16,589
ドイツ 45,250 オーストラリア 24,403 中国 22,813  
フランス 33,454 オランダ 24,147 カナダ 21,860

出典:Elsevier and BIS,「International Comparative Performance of the UK Research Base- 2008 to 2012」上記の国際共同研究数は、共同執筆の研究論文数に基づく。

4-2) 国際共同研究

【全研究論文数に対する国際共同研究論文数の国別比率と増加率】 2012年
国別 国際共同研究論文の比率 増加率
2003-2012年
国別 国際共同研究論文の比率 増加率
2003-2012年
米国 30.3 % 32.9 % オランダ 53.7 % 20.5 %
英国 46.3 29.5 カナダ 46.7 20.4
オーストラリア 45.7 25.7 韓国 26.4 2.6
日本 24.4 24.2 インド 16.3 -7.4
ドイツ 46.1 20.9 中国 15.7 -16.0

出典: OECD (2015)

インドと中国では2003-12年の国際共同研究論文比率が減少しているが、国際共同研究論文数が減少したというより、全体の論文数が急速に増加したためであろう。

【英国の研究の質とインパクト:世界における比率】
英国の人口 0.9% 研究者数 4.1% 研究論文引用 11.2%
研究開発支出 3.2 研究論文数 6.4 最も引用された研究論文数 15.9

出典:Elsevier and BIS,「International Comparative Performance of the UK Research Base- 2008 to 2012」

5. 国際高等教育から派生する経済的利益

* 英国は国のイノベーション能力を示す「グローバル・イノベーション・インデックス(GII)」において、最近ではスイスに次いで世界第2位にある。

【グローバル・イノベーション・インデックス:トップ10】
順位 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
1 スイス スイス スイス スイス スイス
2 スウェーデン スウェーデン スウェーデン 英国 英国
3 シンガポール シンガポール 英国 スウェーデン スウェーデン
4 香港 フィンランド オランダ フィンランド オランダ
5 フィンランド 英国 米国 オランダ 米国
6 デンマーク オランダ フィンランド 米国 フィンランド
7 米国 デンマーク 香港 シンガポール シンガポール
8 カナダ 香港 シンガポール デンマーク アイルランド
9 オランダ アイルランド デンマーク ルクセンブルグ ルクセンブルグ
10 英国 米国 アイルランド 香港 デンマーク

出典: The Global Innovation Index (2015) by Cornell University, INSEAD Business School & the World Intellectual Property Organization(WPO)

【EUのHorizon2020プロジェクトのコーディネート国】 2016年
コーディネート国   プロジェクト数(概算) コーディネート国   プロジェクト数(概算)
英国 1,480 件 オランダ     550 件
スペイン     900 デンマーク    230
ドイツ      880 ベルギー    220
フランス      720 スウェーデン    190
イタリー      660 アイルランド    180

出典:European Commission Cordis (April 2016)

* 英国はEUの「Horizon 2020」による各種プロジェクトを、他のEU諸国に比べて一番多くコーディネートしている。また、これらのプロジェクトの4分の3以上を主導しているのが大学である。

筆者注:「Horizon 2020」は、2014年-2020年の7年間で総額800億ユーロ(9兆2,000億円※1)の予算規模を持つ、EUの大型の研究イノベーション枠組み計画である。

※1 1ユーロを115円にて換算(以下の記述中も全て)

【英国の大学における海外からの研究収入】 単位:10億ポンド
2009-10年度 2010-11年度 2011-12年度 2012-13年度 2013-14年度 2014-15年度
0.74
(962億円※2)
0.80
(1,040億円)
0.92
(1,196億円)
1.07
(1,391億円)
1.17
(1.521億円)
1.23
(1,599億円)

出典: HESA Finance Record (2009-10 to 2014-15)

※2 1ポンドを130円にて換算(以下の記述中も全て)

筆者注:上記の研究収入の内、ほぼ毎年60-70%はEUからの公的助成金であり、EU域外からの企業、EU域外のチャリティー機関、EU域内の企業等がそれに続く。

【研究開発費総額※3に対する海外からの助成額の比率】
英国 18.9 % オーストリア 15.3 %
ドイツ  5.2 オランダ 12.5
米国  4.5 日本  0.4
カナダ  6.0 韓国  0.7

※3 Gross domestic expenditure on research and development(GERD)

【留学生の経済的インパクト】

* 海外からの留学生は、英国経済に年間約110億ポンド(1兆4,300億円)の収入をもたらしていると推定される。EU域内からの留学生だけをとっても、年間約37億ポンド(4,810億円)の収入を英国にもたらすと共に、英国中で34,000名以上の雇用を支えていると考えられている。

6. 筆者コメント

* 英国は世界の留学生市場の約10%を占め、米国に次いで世界第2位である。しかしEU離脱後には、今まで英国人学生と同額だったEU学生向けの授業料が他地域からの留学生向け授業料と同じく高額になる可能性があり、特にEUからの留学生は今後減少に転じるかもしれない。

* また、2014年-2020年の7年間で総額800億ユーロ(9兆2,000億円)の大型予算を持つEUの研究イノベーション枠組み計画である「Horizon2020」の各種プロジェクトを、英国は他のEU諸国より一番多くコーディネートしている。その数は約1,500件と、2位のスペインの900件を大きく引き離して断トツである。しかし、英国がEUを離脱した後は、今のままだとEU域内における各種プロジェクトへの英国の影響力は大きく減少することが危惧される。

* 現在のところ、英国のEU離脱後についてのはっきりした道筋がまだついておらず、英国の大学によるEUプロジェクトへの今後の参画がどのようになるのか、不透明である。しかしながら、英国もEUも共同プロジェクトの重要性を理解しており、共同プロジェクトに対する何らかの新たな枠組みができると思われる。

ページトップへ