レポート - 英国大学事情 -

2012年2月号「博士課程入学者の傾向とプロファイル <HEFCE Report:PhD Study, Trends and Profiles 1996/97 to 2009/10>」

掲載日:2012年2月1日

英国在住30年以上のフリーランス・コンサルタント山田直氏が、新しい大学の生き方を求め、イノべーション創出、技術移転などに積極的に取り組む英国の大学と、大学を取り囲む英国社会の最新の動きをレポートします。(毎月初めに更新)

 

2011年10月、イングランド高等教育助成会議(HEFCE)は、過去13年間における博士課程入学者の傾向とそのプロファイルの調査報告書「PhD Study, Trends and profiles 1996/97 to 2009/10(*1)」を公表した。今月号では、この60ページ余りHEFCE調査報告書の中から、サマリーと調査データの一部を抜粋して紹介したい。

 

【1. サマリー】

【博士課程入学者の全般的傾向】

  • 1996/97年から2009/10年にかけて、英国におけるフルタイムの博士課程入学者数は、9,990人から18,075人と81%も大幅に増加し、パートタイムの学生の伸び率を上回った。しかしながら、直近の2007/08年から2009/10年では、パートタイムの博士課程学生数の伸びが4,070人から4,715人と16%増えて、フルタイムの学生の伸び率を上回っている。
  • 英国出身のフルタイムおよびパートタイムの博士課程入学者数は2007/08年から2009/10年の過去2年間で、それぞれ21%増、17%増と、留学生も含めた中で最大の伸び率となった。しかしながら、1996/97年から2009/10年の13年間では、フルタイムおよびパートタイムの留学生(英国を除くEUとEU域外からの学生)の伸び率は、英国出身の学生の伸びを上回っている。
  • 特定の科目への博士課程入学者の傾向を見た場合、科目によって大きな差が生じている。例えば、1996/97年から2009/10年におけるフルタイムの博士課程入学者のコースでは、クリエーティブ・アーツやデザインのコースへの入学者数が4倍以上に増えたのに対して、獣医学や農学では入学者数が横ばいであった。

 

【学生の特性による博士課程入学者の傾向】

  • 2007/08年から2009/10年の2年間におけるフルタイムの博士課程入学者数の最大の伸び率は、以下の学生グループに見られる。
    • 女子学生は、7,070人から8,135人と15%増加した。
    • 21歳以下の入学者が、640人から785人と23%増加した。
    • 英国出身の入学者の内、黒人系の学生は165人から215人と29%増加した。
    • 何らかの身体的障害を持つ学生は、720人から975人と36%増加した。
    • 英国出身の入学者の内、博士課程入学の前年に修士号を取得した学生は710人から980人と38%の伸び、博士課程入学の2年以上前に修士以上の上級学位を取得した学生は2,045人から2,775人と36%の増加を示した。
    • 英国出身の入学者の内、授業料への主要な助成元が研究機関とした学生は1,560人から2,415人で46%の伸び、政府機関とした学生は450人から665人で47%の伸びとなった
  • 2007/08年から2009/10年の2年間において、パートタイムの博士課程入学者数の最大の伸び率は、以下のグループに見られる。
    • 男性の入学者数が、2,080人から2,420人と16%増加した。
    • 24-25歳の入学者数は、185人から235人と29%増えた。
    • 英国出身の入学者の内、アジア系入学者数が175人から240人と38%増加した。
    • 何らかの身体的障害を持つ入学者数は、200人から240人と22%増えた。
    • 英国出身の入学者の内、2年以上前に修士以上の上級学位を取得した学生数は1,335人から1,830人と37%の伸びを示した。
    • 英国出身の入学者の内、授業料への主要な助成元が政府機関とした学生は175人から250人と43%増加した。

 

 

【2. 統計データ】
下のデータには、紙面の関係からHEFCE報告書データを編集し直した個所がある。

【フルタイム、パートタイム別:博士課程入学者数の推移】
  1996/97年 2007/08年 2009/10年 過去13年間
フルタイム 9,990人 15,965人 18,075人 +81%
パートタイム 4,055 4,070 4,715 +16%
合計 14,045人 20,035人 22,790人 +62%


【2009/10年:フルタイム・パートタイム別、出身国別、博士課程入学者】
出身国 フルタイム パートタイム 合計
英国 9,420人 3,615人 13,035人 57%
英国を除くEU 2,550  510  3,060  13%
EU域外 6,105  590  6,690  29%
合計 18,075人 4,715人 22,790人 100%


【2009/10年:科目別、フルタイム・パートタイム別、博士課程入学者】
学科目 フルタイム パートタイム 合計
医学・歯学 1,245人 535人 1,780人 8%
医学関連科目 855  430  1,285  6
生物科学 2,510  355  2,865  13
獣医学、農学関連科目 250  30  275  1
化学 1,025  15  1,040  5
物理学 835  15  855  4
その他の物理関連科学 805  70  880  4
数学 520  15  535  2
コンピューター科学、情報科学 965  150  1,115  5
工学、技術、建築 3,035  380  3,415  15
社会学、政治学、経済学 1,495  390  1,885  8
法学 330  80  410  2
経営学 895  450  1,345  6
語学 1,015  235  1,250  5
人文学 940  380  1,320  6
クリエーティブ・アーツ、デザイン 460  185  645  3
教育学 385  910  1,295  6
複合科目 510  90  600  3
合計 18,075人 4,715人 22,790人 100%


【1996/97年-2009/10年:科目別、フルタイム博士課程入学者】
学科目 1996/97年 2007/08年 2009/10年 過去13年間
医学・歯学 530人 1,180人 1,245人 +134%
医学関連科目 405 790 855 +111%
生物科学 1,545 2,140 2,510 +62%
獣医学、農学関連科目 245 225 250 +1%
化学 875 945 1,025 +17%
物理学 425 735 835 +96%
その他の物理関連科学 375 685 805 +116%
数学 350 525 520 +47%
コンピューター科学、情報科学 340 820 965 +182%
工学、技術、建築 1,775 2,590 3,035 +71%
社会学、政治学、経済学 825 1,445 1,495 +81%
法学 160 245 330 +104%
経営学 390 770 895 +129%
語学 670 890 1,015 +52%
人文学 565 895 940 +66%
クリエーティブ・アーツ、デザイン 105 430 460 +338%
教育学 235 330 385 +63%
複合科目 165 330 510 +207%
合計 18,075人 4,715人 22,790人 100%


【2009/10年:科目別、出身国別、フルタイム博士課程入学者】
学科目 英国 英国以外のEU EU域外
医学・歯学 795人 155人 300人
医学関連科目 505/td> 95 250
生物科学 1,685 355 470
獣医学、農学関連科目 135 25 85
化学 675 130 220
物理学 535 150 155
その他の物理関連科学 515 105 185
数学 255 95 170
コンピューター科学、情報科学 405 155 405
工学、技術、建築 1,265 425 1,345
社会学、政治学、経済学 610 260 620
法学 110 40 180
経営学 245 105 545
語学 510 180 325
人文学 500 115 325
クリエーティブ・アーツ、デザイン 280 60 120
教育学 145 40 205
複合科目 255 65 190
合計 9,320人 2,550人 6,105人


【2009/10年:フルタイム・パートタイム別、性別、博士課程入学者】
性別 フルタイム パートタイム 合計(比率)
女性 8,135人 2,295人 10,430人(46%)
男性 9,940 2,420 12,360 (54%)
合計 18,075人 4,715人 22,790人


【1996/97年-2009/10年:性別によるフルタイム博士課程入学者数の推移】
性別 1996/97年 2007/08年 2009/10年 過去13年間
女性 3,715人 7,070人 8,135人 +119%
男性 6,275/td> 8,895 9,940 +28%
合計 9,990人 15,965人 18,075人 +81%


学科目 1996/97年 2007/08年 2009/10年 過去13年間
医学・歯学 52% 57% 59% +7%
医学関連科目 61 58 60 0%
生物科学 51 61 62 +11%
獣医学、農学関連科目 40 58 60 +20%
化学 33 41 39 +6%
物理学 18 25 21 +3%
その他の物理関連科学 35 46 48 +13%
数学 20 33 31 +11%
コンピューター科学、情報科学 18 27 25 +7%
工学、技術、建築 19 23 25 +6%
社会学、政治学、経済学 40 50 54 +14%
法学 43 44 42 -1%
経営学 33 38 43 +9%
語学 52 60 59 +7%/td>
人文学 39 45 46 +7%
クリエーティブ・アーツ、デザイン 56 50 52 -4%
教育学 59 63 68 +9%
複合科目 36 42 44 +8%
合計 18,075人 4,715人 22,790人 100%


【2009/10年:科目別、フルタイム・パートタイム別、年齢別、博士課程入学者】
年齢グループ フルタイム パートタイム 合計(比率)
21歳以下 785人 10人 795人 3%
22歳-23歳 4,830 150 4,980 22%
24歳-25歳 3,445 235 3,680 16%
26歳-27歳 2,415 265 2,680 12%
28歳以上 6,595 4,045 10,640 47%
合計 18,075人 4,705人 22,780人 100%
平均年齢 27.8歳 38.9歳 30.1歳  


筆者注:イングランド地方の大学では、通常は学士課程が18歳から3年間、その後に修士課程が1年間、博士課程が3-4年間であるが、多様なコースがあり、詳しくはBritish Council のウェブサイトを参照乞う。

【2009/10年:入学前の取得資格別、出身国別、フルタイム博士課程入学者】
博士課程入学前の資格 英国出身者 英国以外の
EU出身
その他出身
入学前年に英国の大学の資格取得 修士号 980人 205人 615人
学士号(ファースト・クラス) 1,640 115 120
学士号(その他のクラス) 1,165 80 80
小合計 3,780 400 810
入学の数年前又は英国以外の大学の資格取得 英国大学の修士号以上の学位 2,775 495 1,490
学士号 2,240 1,270 2,795
その他 625 385 1,010
小合計 5,640/td> 2,150 5,295
合計 9,420人 2,550人 6,105人


【2009/10年:授業料助成元別、出身国別、フルタイム博士課程入学者】
授業料助成元 英国出身者 英国以外のEU出身 その他出身
リサーチ・カウンシル 3,255人 500人 125人
チャリティー機関 320 145 335
研究機関 2,415 660 1,205
政府 665 85 145
英国企業 270 80 245
海外 125 90 1,645
自己負担 1,755 735 1,995
その他 615 255 410
合計 9,420人 2,550人 6,105人


【2009/10年:授業料助成元別、出身国別、パートタイム博士課程入学者】
授業料助成元 英国出身者 英国以外のEU出身 その他出身
研究機関 660人 55人 65人
政府 250 30 10
英国企業 400 25 25
自己負担 2,055 365 430
その他 250 40 60
合計 3,615人 510人 590人


【1996/97年-2009/10年:授業料助成元別、英国出身フルタイム博士課程入学者】
授業料助成元 1996/97年 2007/08年 2009/10年 過去13年間
リサーチ・カウンシル 2,400人 2,965人 3,255人 +36%
チャリティー機関 380 300 320 -16%
研究機関 1,105 1,560 2,415 +118%
政府 425 450 665 +56%
英国企業 440 240 270 -38%
海外 95 165 125 +37%
自己負担 860 1.620 1,755 +104%
その他 300 515 615 +105%
合計 6,005人 7,815人 9,420人 +57%

 

 

【3. 筆者コメント】

  • 2009/10年度において、フルタイム、パートタイムを含め、医学および生物科学関連科目への博士課程入学者が全体の27%を占めており、英国におけるバイオ・メディカルへの関心が高いことがうかがえる。
  • 2009/10年度の女性の博士課程入学者は、フルタイム、パートタイムを合わせて全体の46%を占める。また、過去13年間では男性の博士課程入学者数の伸び率が28%増に対して、女性では119%増と大幅に増えており、女性の博士課程入学が活発になってきていることがわかる。
  • 2009/10年度の21歳以下の入学者は785人もいるが、これは学士課程から博士課程へのいわゆる飛び級を認めている大学や、初等中等教育においても飛び級があるため、例えばブラウン前首相のように16歳で大学に入学する学生もいるためであろう。
  • 2009/10年度において、授業料を自己負担するフルタイムの博士課程入学者数は全体の33%を占めるが、パートタイムの場合は73%と大幅に比率が高い。働きながらパートタイムで博士課程に入学する学生の多くが、授業料を自己負担している様子がうかがえる。

 

注釈*1

  • http://www.hefce.ac.uk/pubs/hefce/2011/11_33/11_33.pdf
  • http://www.hefce.ac.uk/pubs/hefce/2011/11_33/
ページトップへ