サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(レビュー) -

科学技術に関する世論調査結果をどう見るか

掲載日:2010年3月17日

内閣府が15日、科学技術と社会に関する世論調査結果を発表した。

全国20歳以上の3,000人を層化2段無作為抽出法で選び、調査員による個別面接聴取法で調査し有効回収率63.9%という調査結果だ。電話調査やインターネット業者によるインターネット調査などに比べて、調査結果に対する信頼度は高いと見てよいのだろう。

結果はどうか。「科学技術についてのニュースや話題に関心がある」63.0%、「科学技術の発展により『物の豊かさ』が向上したと思う」84.2%、「科学技術の発展により『社会や生活の安全性』が向上したと思う」68.2%。こうした数字を見ると、日本人の大人の科学技術に対するイメージ、評価はまずまずよいように見える。「科学者や技術者は一般に社会的地位が高いと思う」と答えた人も71.0%に上る。

一方、「日本の科学技術は諸外国に比べ進んでいると思う」79.5%、「日本が国際的な競争力を高めるためには、科学技術を発展させる必要がある」86.7%という数字になると、どうだろうか。科学技術政策にかかわる人々、産業界の技術者、大学の理系学部、大学院の指導的研究者たちの中には、このような高い数字に勇気づけられる一方、現実の諸問題が同時に頭に浮かぶのではないだろうか。何年も前から言われる理科離れをはじめとする科学技術に対する国民一般の理解への懸念だ。

北澤宏一 氏・科学技術振興機構理事長は最近よくシンポジウムなどで、高校生や大学生の多くが科学技術にマイナスのイメージを抱いている実情を話題にする。科学技術は社会を悪くしたと考える若者がむしろ多いと思われる、というのだ。現在、当サイトで掲載中のインタビュー記事「基礎学力低下防ぐために」の中で、西村和雄 氏・京都大学経済研究所長も大きな危機意識を明らかにしている。大学入試改革で入試科目が減ったことや、ゆとり教育などの影響で、日本の大学生、大学院生の基礎学力(数学、理科)の低下は著しく、「日本の一流製造企業では既に2000年ぐらいから、日本の大学の大学院生は雇わない、中国の大学院生しか雇っていないという企業がある」というのだ。

北澤、西村両氏の見方には異論があるかもしれない。しかし、大学の理、工学部の人気が低落している、つまり高校生にとって科学技術はかつてほど魅力がある対象ではなくなっている現実は認めざるを得ないだろう。

今回の内閣府調査の結果は、科学技術に対する期待が実際より高めに出ていると見るべきだろうか。それとも、科学技術政策で科学コミュニケーションが重視されるようになった効果などが反映されたもの、と喜ぶべきだろうか。

前回調査(2007年)の数字と比べてみる。「科学技術の発展により『物の豊かさ』が向上したと思う」(1.7ポイント増)、「科学技術の発展により『社会や生活の安全性』が向上したと思う」(14.2ポイント増)、「日本の科学技術は諸外国に比べ進んでいると思う」(7.2ポイント増)、「日本が国際的な競争力を高めるためには、科学技術を発展させる必要がある」(8.4ポイント増)と軒並み上がっている。

これらの数字を見る限りでは、後者の解釈が成り立つようにも見えるのだが。

【この記事へ読者コメント】

 
理系と文系の収入格差・待遇格差、真剣に議論すべき。
投稿者:若手の化学者 2010年3月23日掲載
有馬 朗人 氏(元文部相・科学技術庁 長官)は、この問題について、こう述べられています。

--------

「教育費と理系の待遇上げずに科学技術振興あり得ない」

本当に科学技術は必要だと一般の人は考えているだろうか? 科学技術などいらないと考えているのではないか。せいぜいどんな薬を飲んだらよいか程度の関心しか持っていないのではないだろうか。薬は死んでしまう心配がありますから。

数学は理科の言葉。人間が生きていくためには言葉として数学が必要だ、と初中等教育できちんと教えてもらい、科学技術リテラシーを持つことによって生活が実に楽しくなる。そういう世の中を作り出したい。豊かに生きていくためには科学や技術をうまく使わないと損する。正しい知識をもたないと、納豆がダイエットに効くなどというあんなばかなことになるのだと。

理系の人気は高校になると急に下がる。生徒に質問すると「理系に進もうとすると親が反対する」という答えが返ってくる。経済や法律にしなさい。工学部などに行ったら勉強ばかりさせられて、社会に出たら待遇は悪い。文系に比べたら生涯賃金で1億円も違う、などと親が反対するという。

私はこの問題に関しては唯物論的な立場を取る。科学技術をやると役に立つのだということを見せないと駄目だ。文系に比べ理系の待遇は明らかに低い。せめて文系と同じレベルに持って行かないと。中国を見てほしい。指導的な政治家は理系出身がずらりと並んでいる。日本は、官僚も入るときは理系も文系も同じくらいいるが、上に行くと文系ばかり。そういう社会を変えない限り、科学技術の振興はあり得ない。だから、簡単な話だ。理系の待遇を2倍にすればよい。(スピーチの要旨)

有馬 朗人 氏(元文部相・科学技術庁 長官、元理化学研究所 理事長、元東京大学 総長)
シンポジウム「21世紀を豊かに生きるための科学技術の智」(2007年8月27日)

-----------

私自身は、理系の若手研究者です。欧米への海外留学経験から客観的に考えてコメントしようとすると、有馬先生の言葉が非常に説得力ある現状分析であるように思えます。このため、理系と文系の収入格差・待遇格差の問題は、世界一流の科学者の海外流出に拍車をかけていると思います。

文系の方々は、「理系と文系の収入格差・待遇格差の問題」をどうお考えでしょうか。

官民を問わず、日本の将来を描く気概をお持ちの方は、この問題に真剣に向き合うべきです。そうでないと、日本は、やがて国際的に置いていかれますよ。

もう一度、言います。
「日本は、官僚も入るときは理系も文系も同じくらいいるが、上に行くと文系ばかり。そういう社会を変えない限り、科学技術の振興はあり得ない。」

技術立国再興
投稿者:技術亡国日本を憂う一技術者 2010年3月23日掲載
よく日本の科学技術業界についての実情をあまりご存じない方々から、いまだ日本を『技術立国』とされるのをしばしば耳にします。

しかし実際、私の知りうる限りでは日本の現状は目も覆わんばかりです。

メモリーやディスプレーでは韓国や台湾の新興国に追いやられ、その他のデジタル回路やアナログ回路ではアメリカにかなわず、ソフトウェアに至ってはアメリカの独壇場。
かつて一から低価格・高品質な商品を作り上げていた家電メーカー各社も、今では海外で作られて送られてくる主要部品をくみ上げるだけの組み立てメーカーへと成り下がっています。

おおよそ技術立国と呼ぶに足るような、かつての競争力は日本に残っていません。

かつて既存の商品に改良を重ねる事によって価格と品質を指標とし、世界と対等に渡り合う夢を見た職人たちは退職し、代わって入ってきた若い社員は、この一昔前の栄光から脱却できずに今までの慣習に習う事しかできない会社の経営方針から、人件費の安い発展途上国との価格競争のツケをまわされて連日連夜の過酷な残業と安月給に加え、リスクを恐れる
上層部から言い渡される技術的な面白みも何もない無難な商品を半ばやっつけ仕事でこなす毎日。

口先でいくら科学技術に夢を持てと言っても現場がこんな惨状では、技術者本人は言うに及ばず家でこんな肉体的にも精神的にも疲弊し憔悴しきった旦那や親・兄弟を見ていて、その後の世代やその周りの人たちが一体どうやって科学技術に夢を持てるというのでしょうか。

科学技術で夢を見られないのは、確かに給料や過酷な労働時間も大きな要因の一つではあります。

ですが最も問題なのは、リスクを恐れるあまり、かつて通りの既存品の改良のみで革新的な技術の価値を理解しようとしない企業・業界の体質だと思います。

元来技術者というのは、創造や新たな発見の瞬間の為に時間も金銭すらもいとまないような人種です。
逆に金銭や時間をいくら与えたとしても、その刺激的な瞬間を奪われてしまっては、生きる目的すら見いだせません。

今の日本のメーカーは、上層部の凝り固まった価格と品質という古い価値観を押し付けることによって、時間や給料だけでなく、技術者から発見・創造と言う夢を奪っています。
まずは企業経営者、政治指導者がかつての栄光から脱却し、あたらしい価値観を技術者と共有する事ができるようになる事が大事なのではないでしょうか。

若い世代だけでなく、技術者自身が技術に夢を見れるような国。

それこそが本当の技術立国ではないでしょうか。

科学技術に対する調査結果
投稿者:ごんちゃん 2010年3月17日掲載
当方は、工学部卒業の普通の技術者です。
なぜ、今、子供たちが理科系を関心を持たないのか?
当方が卒業し頃は、経済の高度成長と相まって、電子工学、合成化学、精密工学などなど新しい学部が出来、理科系の学生にとっては夢のある時代でした。
あれから50年(キミマロではありません)!
日本社会では、官庁でも、会社でも上層部になるものはすべて文系であります。また、技術者の社会的地位は極めて低いのであります。町工場の中小企業など名人芸の人がもてはやされていますが、これとて、職人ということで社会的地位は低いのであります。
これは、江戸時代からの名残でしょうか。
親の世代を見てきた今の子供は、理科系にはもう関心がないのであります。

 
ページトップへ