サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(レビュー) -

科学者はどこまで社会にかかわるべきか

掲載日:2008年2月25日

NPO法人サイエンス・コミュニケーションの発行するメールマガジン「SciCom News」(毎週月曜配信)の巻頭論説で、春日匠 氏が、1848年に設立された米国の非営利団体AAAS(全米科学振興協会)が果たしてきた役割について書いている。

春日 氏は、この中で「科学技術コミュニケーション」に関する日米の違いについて論じているが、その中に次のようなくだりがある。

「ノンアカデミック・キャリアを選ぼうとした瞬間に、指導教官から『じゃあ博士号はいらないね』と言われたり、そこまで酷くなくても指導がいい加減になるというのはよく聞く話である。自分の分野を理解し、場合によっては博士号を持った議員、弁護士、ジャーナリストなどが活躍することが、自分の研究分野にとってどれだけエンパワーメントになるかを考えれば、そういう可能性を自分から封じてしまうのは馬鹿げているだろう」

日本の科学者たちが閉鎖的であることの例として挙げているのだが、では、米国の科学者・団体はなぜ社会的なつながりを重視しているのか? 春日 氏の主張の紹介を続ける。

「アメリカでは宗教右派が政界に大きな影響力を持っており、学問の自由に対して抑圧的であると見なされている。そこで、科学者たちは常に学問の社会的意義を問い直し、それを表明していく必要性に駆られているわけである。特に、進化論は宗教右派と科学者の抗争の最前線であり、AAASでも大きな議論が交わされていた」

「一方で、人権や社会的利益を追求することの見返りが存在しているという側面も指摘できる。例えばアフリカの問題などは今や世界最大の非営利財団であるビル・メリンダ・ゲイツ財団が積極的に支援を行っている。このため、第三世界の健康問題には大きな予算がついている。こういったことは、研究開発費が(企業による営利活動以外は)国費に限られており、研究費の分配も政府による戦略的な配分か、割り当てられた予算を科学者たちで分配する科研費に限られている日本ではあまり考えられない」

米国と日本の科学者とでは、どうもモチベーションが異なるので、「科学コミュニケーション」などといっても…、と話は続く。

「アメリカでは常に科学者が科学者以外のジャーナリストや政治家、法律家、慈善事業家たちを科学のシンパにしておかなければいけないというモチベーションが働くのに対して、日本では研究費にアクセスする権利を持った同業者たち以外のものを議論に参加させまいという力が働くのではないだろうか?」

そうは言っても、昔に比べると社会に向けて発言するのを嫌がらない科学者たちも日本に増えてきた。そんな感想を、例えば年配のジャーナリストたちは抱いているのではないかと思われる。

いや、いまのような生ぬるい個別の活動では駄目。「若手の自然科学者に資金を提供して政策フェローとしてワシントンの各組織に送り込む」。日本の科学者団体がこのような積極的な活動を展開する時代が、日本にもいつか来るだろうか。春日 氏がAAASの重要な活動の一つとして紹介しているような。

【この記事へ読者コメント】  
科学者とは?
投稿者:匿名 2008年2月29日掲載
科学者とは?
一般で、あるいはここで、何か定義はあるのでしょうか?
社会との関わりを論じるには大切なことだと思います。
社会に関わるべきなのは誰か?
投稿者:Bak. 2008年2月29日掲載
> 同業者たち以外のものを議論に参加させまいという力が働く
これは、科学者の問題ではなくて、日本の問題である。
なので、これは科学者コミュニティで解くべき問題ではなく、日本全体で解くべき問題だろうと思われる。
…官公庁にせよ各企業にせよ、情報公開の程度から考えて、日本全体として放っておきたい事柄に見えて仕方ないのだけど…
相手に敬意を払ってお互いにコミュニケーションをとるべき
投稿者:K_Tachibana 2008年2月28日掲載
「安全・安心」な社会を考えていかなければならない現代。
社会不安やリスクと合理的に向き合うことが迫られる今だからこそ、科学者、メディア、産業界、政策決定者、市民がそれぞれきちんと向き合って問題解決をしていく必要があると思います。

zanjibarさんが指摘されているように、お互いに批判しあって相手のことに敬意を払わなければ、問題解決の糸口はなかなか見出しにくいと思いますし、世の中をよりよい方向へ変えていくこともできないでしょう。

「安全・安心」な社会を考えていくためには、科学者も市民も政策決定者も、もっと積極的に社会参加してコミュニケーションをとるべきと思います。
今はアカデミックを大切にする時期かも
投稿者:zanjibar 2008年2月28日掲載
リニアモデル的発想ですが、アカデミックが機能していてはじめて社会にどうかかわるかが現実的に意味を持つのではないでしょうか?
最先端の研究をして成果を出している科学者が自分の言葉で科学と社会を語るのと、科学ジャーナリストが科学と社会を語るのとでは同じことを言っても言葉の重みが違います。そういった最先端の研究で成果を出している科学者たちを大切にすること。そして、科学者が社会的に深い洞察をもった貴重な発言をしたときに世の中にその発言を普及させることがサイエンスジャーナリストの基本的で重要な役割ではないでしょうか?
批判や忠告ばかりが先行し、対象となる科学者への基本的な敬意がないサイエンスコミュニケーションなら、それは社会的な意義が少ないと私は思います。
今の日本じゃ
投稿者:科学太郎 2008年2月27日掲載
なんで科学者は上から目線なんだろうね。「税金で趣味」といわれても仕方ない人も多いようなのに。税金で養ってもらってるのは政治家も役人も同じだね。これらを扱うジャーナリストも上から目線は同じだね。
こんな方々が今のままでヘタにかかわって庶民のためになるのかね。いいようにされちゃうぞ。庶民、だまされるな。
深く関わって欲しい
投稿者:野良猫 2008年2月27日掲載
科学者が社会へもっと積極的に関わって欲しいです。

現状ではあまり科学者が社会へ関わっていないと思います。それも、特に政治に関しては無に近いです。政治に関わることで科学者自身の実績を社会へ貢献、還元すべきだと思います。
また、今の政治家が科学のことを知らないで環境破壊を野晴らし状態では将来環境汚染で苦しめられるのは一般庶民である。上流民のためでなく、一般庶民のためにもっと関わって欲しい。
 
ページトップへ