サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

今年のノーベル物理学賞は宇宙の理解を大きく前進させた欧米の3氏に

掲載日:2019年10月8日

スウェーデンの王立科学アカデミーは8日、2019年のノーベル物理学賞を、宇宙理論や太陽系外惑星発見を通じ、壮大な宇宙についての人類の理解を大きく前進させた、米国、スイス、英国の大学の3氏の研究者に授与する、と発表した。日本人の受賞者はなかった。

3氏は米国・プリンストン大学のジェームズ・ピーブルズ氏、スイス・ジュネーブ大学のミシェル・マイヨール氏、ジュネーブ大学と英国・ケンブリッジ大学のディディエ・ケロー氏。

授賞式は12月10日にストックホルムで開かれる。賞金900万スウェーデン・クローナ(約9700万円)の半分はピーブルズ氏に、残り半分がマイヨール氏とケロー氏に贈られる。

ピーブルズ氏は、「宇宙背景放射」と呼ばれる天体現象などの理論研究を通じ、宇宙がその始まりである「ビッグバン」の直後から膨張を続け、現在の姿になるまでの進化を理論的に解明した。

マイヨール氏とケロー氏は、南フランスの観測施設を使って、1955年に地球から約50光年離れたペガスス座の方向の宇宙に太陽系外惑星が存在することを初めて確認した。この惑星は木星のようなガスでできた惑星だった。

ケロー氏らの画期的な宇宙観測の前は、惑星は太陽系にしかないと考えられていた。同氏らの業績の後、現在までに4000以上の太陽系外惑星が確認されている。この中には地球に似た惑星も含まれ、生命存在への期待も高まっている。

マイヨール氏は、2015年に科学の発展に大きく貢献した研究者に贈られる「京都賞(稲盛財団主催)」を受賞している。

物理学受賞者のイラスト。左からジェームズ・ピーブルズ氏、ミシェル・マイヨール氏、ディディエ・ケロー氏(ノーベル財団提供)
物理学受賞者のイラスト。左からジェームズ・ピーブルズ氏、ミシェル・マイヨール氏、ディディエ・ケロー氏(ノーベル財団提供)
ページトップへ