サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

国際化学五輪で日本代表高校生が金2、銀2のメダル獲得

掲載日:2019年7月31日

パリで開かれた第51回国際化学オリンピック(7月21~30日)で日本代表の高校生が金2、銀2のメダルを獲得した。文部科学省と日本化学会などが30日発表した。

金メダルは、栄光学園高等学校(神奈川県)2年の末松万宙(すえまつ まひろ)さん、東大寺学園高等学校(奈良県)3年の西野拓巳(にしの たくみ)さん。銀メダルは横浜市立南高等学校(神奈川県)3年の大渕将寛(おおふち まさひろ)さん、灘高等学校(兵庫県)3年の平嶋瞭一(ひらしま りょういち)さん。

国際化学オリンピックは1968年にハンガリーなど東欧3カ国で第1回が開催された。日本は2003年から参加した。今年は80の国・地域から309人が参加し、それぞれ5時間の実験問題と理論問題に挑んだ。毎回、参加者の上位約1割に金メダルが、同約2割に銀メダルが、同約3割に銅メダルが授与される。2021年は日本で開催される。

第51回国際化学オリンピックでメダルを獲得した日本代表の4人(日本化学会提供)
第51回国際化学オリンピックでメダルを獲得した日本代表の4人(日本化学会提供)
ページトップへ