ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

火星探査機キュリオシティが“ぶっつけ本番”の着陸に成功

掲載日:2012年8月6日

火星の生命の痕跡を探るために、米航空宇宙局(NASA)が昨年11月打ち上げた大型無人探査機「マース・サイエンス・ラボラトリー(愛称、Curiosity〈キュリオシティ〉」が日本時間6日午後2時半すぎ、火星の赤道付近のクレーターに着陸した。

キュリオシティは、全長約3メートルの6輪車で、重さ約900キロ。カメラ17台とロボットアーム、レーザーなどのさまざまな計測器を搭載し、原子力電池を動力として、約2年間にわたり岩石のサンプル分析などを行う。

着陸の模様はNASAからのインターネットTVで全世界に伝えられた。それによると、キュリオシティはカプセルに納められたまま、着陸7分前に火星の大気圏に突入した。間もなくしてパラシュートが開き減速した後、キュリオシティを下に抱えた母船が切り離された。母船は4つのジェットを逆噴射しながら降下し、高さ約20メートルで空中に浮遊しながら、3本のワイヤで結んだキュリオシティを地上に下ろした。母船はワイヤを切り離して飛び去り、どこかに落ちたとみられる。

約26億ドル(約2000億円)の開発費をかけたキュリオシティのミッションの成否は、すべてこの日の、“ぶっつけ本番”の降下・着陸にかかっていた。NASA職員らも緊張して、刻々とキュリオシティから送られてくるデータに見入った。キュリオシティが無事に着陸し、キュリオシティの影が地上に写った最初の画像が送られて来ると、大歓声がわき、互いに喜び合った。

キュリオシティから送られてきた初画像 – 機体の影が写っている
120806_img_w350
c 米航空宇宙局(NASA)
ページトップへ