サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

4県にホウレンソウ、カキナ、原乳の出荷制限指示

掲載日:2011年3月21日

暫定基準を超える放射性のヨウ素やセシウムがホウレンソウとカキナから検出された茨城、栃木、群馬県と福島第一原子力発電所のある福島県の4県知事に対し、菅首相は21日、当分の間、ホウレンソウとカキナの出荷を制限するよう指示した。同時に原乳から放射性ヨウ素が検出された福島県には、当分の間、原乳の出荷を制限するよう指示した。

枝野官房長官は、検出された放射性物質の量は、一生食べ続けると健康に影響が出てくる可能性があるものの、数回、口にするだけでは健康に影響がないことをあらためて強調した。

また、水道水から暫定基準を超える放射性ヨウ素が検出された福島県飯館村に対しては飲用を控えるよう要請した。生活用水としての使用に加え、飲用水がない場合に飲用しても健康に影響はないことを枝野長官は強調している。飯館村は、一部が福島第一原子力発電所から半径20-30キロの範囲内に位置しており、この範囲内の住民には屋内退避の指示が出ている。

ページトップへ