サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

3号機でも白煙 格納容器に異常か?

掲載日:2011年3月16日

枝野官房長官は16日午前11時すぎに記者会見し、福島第一原子力発電所3号機で午前8時半ごろ白煙が出ていたことを明らかにした。午前10時すぎには同発電所正門で放射線量がミリシーベルトのレベルまで急激に上昇し、3号機から格納容器から放出された水蒸気に含まれた放射性物質による可能性がある、と語った。

福島第一原子力発電所では、1-3号機の圧力容器への注水が難航している。1号機と3号機では既に露出した燃料の被覆管と水蒸気との反応で発生した水素が格納容器外に排出され、原子炉建屋の外壁を吹き飛ばす水蒸気爆発を起こしている。

一方、2号機では格納容器内の圧力抑制室が損傷したとみられる爆発が起きている。枝野長官は、今回、3号機で見られた白煙について、2号機で起きたように水蒸気が格納容器内に漏出した可能性が高い、と語った。これは、2号機で考えられている格納容器の一部に損傷が起きている可能性を強く示唆したものと思われる。

原子力安全・保安院は正午すぎの記者会見で、白煙が上がったのは3号機だが、午前10時すぎに、1時間当たり6.4ミリシーベルトという一時観測された放射線量の急激な向上については、むしろ2号機による可能性が考えられる、と枝野官房長官とは別の見方を明らかにした。

ページトップへ