サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

4号機で火災発生 20-30キロ範囲の住民に屋内退避要請

掲載日:2011年3月15日

菅首相は15日午前、福島第一原子力発電所周辺20キロの住民への避難指示に加え、新たに20-30キロの範囲の住民たちに屋内退避を求めるメッセージを発した。

この理由として同首相は、福島第一原子力発電所1、3号機の水素爆発に続き、同日午前、4号機で火災が発生し、周囲に漏えいした放射能レベルが高まっており、今後さらなる放射性物質漏えいの危険が高まっていることを挙げた。

東京電力も午前6時ごろ、発電所内で大きな音が発生し、4号機原子炉建屋の5階屋根付近が損傷した、と発表した。4号機は1-3号機と異なり、地震が起きた時、原子炉の運転を休止中。枝野官房長官は記者会見で(プール内の)使用済み核燃料が熱を持って水素が発生し、水素爆発が起こった結果と推定されるという見方を明らかにした。また2号機と3号機の間で1時間当たり30ミリシーベルト、3号機付近で400ミリシーベルト、4号機付近で100ミリシーベルトの放射線量が測定されたことを明らかにし、これらの数字は放射性物質が出ている場所の近くの数値ではあるが、身体に影響がある数字であることは間違いない、としている。

20-30キロの範囲の住民に対する屋内退避については、「放射性物質の身体への影響は極めて小さいかゼロと思われるが、万一に備え建物内に退避し、窓を閉め、換気はせず、気密性を高め、洗濯物も屋内に干してほしい」と呼び掛けている。

ページトップへ