サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

福島第一原発1号機で格納容器内空気放出

掲載日:2011年3月12日

東北地方太平洋沖地震の影響で非常用炉心冷却装置による注水ができず格納容器内の圧力が高まっていた東京電力福島第一原子力発電所1、2号機で、12日朝から格納容器内の空気を一部外部に放出する措置が取られた。周辺住民の健康への心配はないとされているものの微量の放射性ガスを含んでいる。これに先立つ12日午前6時前、菅首相は避難対象地域を拡大し、福島第一原子力発電所1号機から半径10キロ以内の住民の避難指示を出した。

また、福島第二原子力発電所(福島県双葉郡楢葉町、富岡町)でも1,2,4号機の格納容器内の圧力向上が見られたことから、午前6時すぎ、原子力緊急事態宣言を出し、1,2,4号機から半径3キロ以内の住民に避難勧告を、半径3-10キロ内の住民に屋内退避の指示を出した。

ページトップへ