サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

『あかつき』予定の軌道に乗ったか確認できず

掲載日:2010年12月8日

金星探査機「あかつき」は、7日午前9時に金星を回る軌道に投入する操作が行われたが、予定の軌道に乗ったかどうか確認できない状態が同日中続いた。

宇宙航空研究開発機構のプレスリリースによると、軌道投入の操作後、「あかつき」からの通信は一時中断したが、午前10時28分に電波を受信した。受信状況の分析により「あかつき」はセーフホールドモードに入っていることが確認できた。探査機の状態と軌道情報を取得、確認する作業が続いている。セーフホールドモードというのは、「太陽を捕捉してスピン安定した状態」と同機構は説明している。

ページトップへ