ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

チリ中部地震で断層最大8メートル動く

掲載日:2010年3月2日

ナスカプレート沈み込み帯で過去に起きた地震の震源域。星印は今回のチリ中部地震の震源
ナスカプレート沈み込み帯で過去に起きた地震の震源域
星印は今回のチリ中部地震の震源
(提供:東京大学地震研究所)

2月27日発生したマグニチュード(M)8.6のチリ中部地震は、東京大学地震研究所の観測結果解析から長さ450-500キロもの断層が動いたことによって起きたことが分かった。断層は最大8メートル動いた(ずれた)と見られている。

東京大学地震研究所によると、地震が起きたのは、太平洋側のナスカプレートが東側の南米プレートの下に沈み込んでいる場所。沈み込みの速さは年間8センチほどで、蓄積されたひずみを解消するため、過去にもプレート潜り込み帯に沿って地震が起きている。

今回の地震が起きた場所は、1960年に起きたチリ地震(M9.5)の震源域の北側に当たる。チリ地震のマグニチュード(M)9.5は20世紀以降で最も大きく、発生した津波によって日本でも142人の死者・行方不明者が出た。

ページトップへ