サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

きぼうのX線カメラがとらえた初の画像公開

2009年8月19日

宇宙航空研究開発機構と理化学研究所は、国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」に据え付けられた全天X線監視装置による初の画像を公開した。

8月15日午後、国際宇宙ステーションが地球を1周する90分の間に観測したX線源の分布図で、色の違いによって強い発生源がどこにあるか一目で分かる。

宇宙航空研究開発機構によると、カメラは正常に動き期待通りの性能であることが確認された。

全天X線監視装置は7月16日、スペースシャトル「エンデバー」により打ち上げられ、同24日、若田光一宇宙飛行士らによって「きぼうの」船外実験プラットフォームに取り付けられた。これまでの全天型X線観測装置の10倍を超える感度を持ち、未知の暗いブラックホールや中性子星を検出するなどの成果が期待されている。

全天X線監視装置が観測した最初の画像
(提供:宇宙航空研究開発機構、理化学研究所)
ページトップへ