サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

新興国も世界全体の長期目標共有認める

掲載日:2008年7月10日

洞爺湖サミットは最終日の9日、主要8カ国に中国、インドなど温室効果ガスの大量排出国を加えた16カ国首脳による主要経済国会合を開き、地球温暖化対策について話し合った。

この結果、「排出量削減の世界全体の長期目標を含む、長期協力行動のためのビジョンの共有を支持し、締約国が衡平原則を考慮して、世界全体の長期目標を採択することが望ましいと信ずる」という首脳会合宣言をまとめ、発表した。前日の首脳宣言に盛り込まれた「2050年までに温室効果ガス排出量半減」という数値は盛り込めなかったが、「世界全体の長期目標を採択することが望ましい」という表現で、主要8カ国以外の国々が主要8カ国に歩み寄りを見せた形となった。

主要経済国首脳会合宣言に盛り込まれた主な内容は次の通り。

ページトップへ